若尾文子の魅力爆発!『卍(まんじ)』は気品とエロスを備えた名女優と「半沢直樹」ばりの大仰演技が見もの!!

若尾文子の魅力爆発!『卍(まんじ)』は気品とエロスを備えた名女優と「半沢直樹」ばりの大仰演技が見もの!!
『卍(まんじ)』© 1964 KADOKAWA

■『男はつらいよ』でもアンタッチャブルなマドンナだった若尾文子!

『男はつらいよ』(1969〜1995年、2019年)の全作品を鑑賞しようと思い立ち、一作目から順番に見ていった。レンタルビデオで数本ずつ借りて毎日見続けた。今から数十年前の話。多分、私は大学生で時間が有り余っていたのだろう。

それは自然と日本を代表する女優たちのカタログとなった。一作ごと変わる「マドンナ」を見ることで、女優たちそれぞれの個性を知った。その中で1番の美女だと思ったのが若尾文子だった。顔立ちが美しいだけでなく気品があり、それでいて非常に色気がある。エロティックで神々しい。冷めた眼差しには、悪女の雰囲気すらある。

若尾文子がマドンナの『男はつらいよ 純情篇』(1971年)では、ほとんど寅さんとの恋愛は描かれない。岡惚れした寅さんが、体調を崩して寝込む程度である。いつものように片思いに熱を上げた寅さんが、マドンナにサービスしまくる、そんなシーンすらない。若尾文子の美しさがあまりにもアンタッチャブルで、それすら不自然に映ってしまうからだと思う。

『男はつらいよ お帰り 寅さん』山田洋次監督ほかキャストと会場で主題歌を熱唱! 東京国際映画祭オープニング上映

関連記事(外部サイト)