四肢麻痺の主人公を介助犬が襲う!?『VS 狂犬』は忘れがちな“犬の怖さ”を突きつける感染ホラー×脱出サスペンス

四肢麻痺の主人公を介助犬が襲う!?『VS 狂犬』は忘れがちな“犬の怖さ”を突きつける感染ホラー×脱出サスペンス
『VS 狂犬』© SUBETE AL TREN 2019

■賢い介助犬……が、狂犬になって襲いかかる!(涙)

人類は映画の中で様々な生物と戦ってきた。宇宙人やゾンビ、サメ、ワニ、UMAなどなど。しかし『VS 狂犬』の対戦相手はそのタイトルどおり犬、つまり“わんこ”である。しかも超大型犬とか野犬とかではなく、なんと介助犬。体の不自由な飼い主に代わって身の周りのことを色々と手伝ってくれる頼もしい存在……が、いきなり恐怖の犬と化すなんて想像しただけで怖すぎやろ!

健気なわんこに涙腺崩壊……孤独な少女に寄り添い、家族の絆を繋いでくれる愛犬を描く『僕のワンダフル・ジャーニー』

動物園、みーんなゾンビ化! 超低予算CG(一部着ぐるみ)の爆笑動物パニック『ZOOMBIE ズーンビ』

■狂犬に襲われる主人公を見て、幼き日の“犬の恐怖”の記憶が蘇る

僕はてっきりアトスが狂犬病になって襲いかかってくるんだと思って観てましたが、アトスはコウモリに噛まれたことで謎のウイルスに感染し、どんどん凶暴化していく(ちなみにコウモリから狂犬病が伝染った例もあるそうな)。そして15センチ程度しか腕を動かせないエレナは、アトスから逃れるべく密室状態の自宅から脱出を試みる……という展開。しかし、ダクトを通ったり窓を破壊したりと、神出鬼没でエレナに襲いかかるアトス。なんだったら飼ってたフェレットまで感染して襲いかかってくる!

『VS 狂犬』© SUBETE AL TREN 2019

エレナが泣き叫び狂犬アトスから逃げる様子を見て、鮮明に思い出したことがある。あれは小学校低学年の頃、公園に行こうと歩いてたら、散歩中に逃げたらしき2匹の犬(それもアトスと同じシェパード犬だった)に追いかけられて、必死に逃げたことだ。そのときは高所に登って難を逃れたが、後ろを追いかけてきた飼い主にめちゃくちゃキレたことを覚えている。小学生にして親以外の大人にあれほど怒ったのは初めてだった。エレナと同じように、泣きながら「しっかり紐を持ってくださいよぉ!」とか言ったはずだ。

人間のよき相棒“犬”の存在を噛みしめる2作『僕のワンダフル・ライフ』と『ユンカース・カム・ヒア』

■狂犬ホラーを見て、ウチの「西宮の狂犬」の姿が頭に浮かんだ

本作を見て、忘れていた犬への恐怖というか、犬は怒らせたらマジで怖いよなぁ……というバカっぽい感想が頭をよぎったけど、それだけの映画ではない。どうやら父と娘に深い確執があり、それ以外のことや身体のことでも、エレナはとても傷ついている。そこから彼女がどう成長し、どう行動に起こすのか? というのが見どころの一つ。正直、間延びするシーンもありますが、その“間”こそ、腕しか動かせないエレナの恐怖体感なのだと思って見れば恐怖が増すはず!

余談ですが、『VS 狂犬』のタイトル書体を見て、ウチ(KING BROTHERS)の狂犬が頭に浮かんだ。「西宮の狂犬」と呼ばれるマーヤは、一体どうしてあんな狂犬になったんだろうか。興味がある方は是非、ライブで彼の狂犬ぶりを体感して欲しい! マーヤからは逃げないでね! 早く普通のライブができますように……。

モンスター+サバイバル+ダメ男の成長物語!! 『ビッグ・バグズ・パニック』は低予算パニック映画の隠れた傑作!

文:ゾニー(KING BROTHERS)

『VS 狂犬』は2020年10月31日(土)より「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020」で上映

関連記事(外部サイト)