2020年No.1候補筆頭映画!『THE CROSSING〜香港と大陸をまたぐ少女〜』 ハリウッドに肉薄する中国映画の“いま”を考える

2020年No.1候補筆頭映画!『THE CROSSING〜香港と大陸をまたぐ少女〜』 ハリウッドに肉薄する中国映画の“いま”を考える
『THE CROSSING 〜香港と大陸をまたぐ少女〜』©Wanda Media Co., Ltd

1997年の返還から一国二制度を謳ってきた香港を気づいたら完全に政治的に取り込んでしまい、ファーウェイやTikTokに象徴される技術力でアメリカとの政治経済的対立を鮮明にしている昨今の中国。――強固な日米同盟と同時に、アジアにおける隣人として必然的に中国と付き合っていく立場にある日本だが、新冷戦と呼ばれる米中関係の成り行きに思いをはせている内に、気が付いたら劇映画の分野ではすでに中国映画が、日本映画界をも巻き込んでハリウッド映画とは別の一極にまでなってきている!

この10年の中国映画で最も重要な作品! 自らの命をかけた新人監督のデビュー作にして遺作『象は静かに座っている』

オークワフィナがアジア系初のゴールデングローブ主演女優賞獲得!『フェアウェル』ルル・ワン監督が語る「アメリカと中国の間にいる自分」

『The Crossing/ザ・クロッシング Part Ⅰ&Ⅱ』©Beijing Galloping Horse ・ All Rights Reserved.

ハリウッド仕込みのジョン・ウーの演出のテイストは、一言でいえばPartIは『プライベート・ライアン』(1998年)、PartIIは『タイタニック』(1997年)なのだが、つまりは1980年代にはせいぜい単館ロードショー扱いだった中国映画が、内容的には安全パイだった三国志を経て、ハリウッド製のマーベル・コミック物にひけをとらない、メインストリームの大劇場に相応しい作品を生み出せるまでになったということ。

『The Crossing/ザ・クロッシング Part Ⅰ&Ⅱ』©Beijing Galloping Horse ・ All Rights Reserved.

どちらかというと敗れて台湾へと逃れる立場の者たちの視点で描いた同作が中国国内ではあまり好意的に受け入れられなかったのは、中台関係の現状を反映しているから仕方ない。だが、中国・香港合作に日本人俳優が絡むという枠組みは、その後も程耳(チェン・アール)監督による中国版『ゴッドファーザー』(1972年)の趣の傑作『羅曼蒂克消亡史』(2016年:なぜか日本未公開)でも再現され、中国の葛優(グォ・ヨウ)やチャン・ツィイー、香港のジリアン・チョン、日本の浅野忠信らが熱演を繰り広げ、日中戦争を挟んでのチャイニーズ・マフィアの興亡を描いてゾクゾクさせられた。

ツァイ・ミンリャン監督四部作「台湾巨匠傑作選2020」で上映! 90年代ノスタルジーが溢れ出る初期作を振り返る

■『THE CROSSING〜香港と大陸をまたぐ少女〜』は今のところ2020年のベスト1作品!

さて、ジョン・ウーの『The Crossing −ザ・クロッシング− PartI/PartII』とは直接の関係はないが、中国映画の新作に『THE CROSSING〜香港と大陸をまたぐ少女〜』という作品があり、これが1997年の香港映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』(※2017年にリバイバル公開)以来の大傑作!

『THE CROSSING 〜香港と大陸をまたぐ少女〜』©Wanda Media Co., Ltd

――物語は、香港と接する大陸側の都市・深圳に住み、香港の高校に越境通学する少女ペイ(黄堯/ホアン・ヤオ)が、ひょんなことから新型iPhoneを大陸へ密輸するグループに関わりを持ち、簡単にお金を稼げることから深みにはまっていく様を描いていく。基本線としては、親友と一緒に日本へ旅行するためのお金を稼ぎたかったのに、密輸グループにその親友のボーイフレンドが関わっていたことから親友との間に亀裂が生じてしまう、という孤独な少女の青春ドラマだが、同時に大陸側と香港との経済格差や、中国側に取り込まれていくプロセスの真っ只中にある香港の隙間にうごめく闇の商売といった、今日的なテーマを扱った社会派ドラマでもある点がミソ。

中国の最下層で蠢く人々……あらゆる意味での“暗部”を映しだすシュールでカオスな現代ノワール『鵞鳥湖の夜』

『THE CROSSING 〜香港と大陸をまたぐ少女〜』©Wanda Media Co., Ltd

監督はこれが初の作品となる白雪(バイ・シュエ)という女性で、瑞々しい感性が満ち溢れていて今後の期待の星という感じなのだが、筆者がこの作品を見たいと思った理由は、製作総指揮をチェン・カイコーやチャン・イーモウと同じく中国映画第五世代の代表格である『青い凧』(1993年)の田壮壮(ティエン・チュアンチュアン)が務めていたから。彼は北京電影学院で後進の育成に当たっていて、バイ・シュエはそこの卒業生だから、弟子筋にあたるのだろう。前述の、2011年に日本文化界訪中団の一員として訪中した際に、筆者は団長の篠田正浩監督と一緒にティエン・チュアンチュアンを訪ねて交歓したのだが、バイ・シュエはまさにその時に同学院の大学院修士課程に在籍していたはずだ。

■『愛しの母国』『愛しの故郷』二部作公開の意味するところとは?

ティエン・チュアンチュアン同様、チェン・カイコーやチャン・イーモウもまた後進の育成に力を注いでいる。そんな二人がまさしく新世代の中国人映画作家たちを牽引して製作にかかわった2作品、『愛しの母国』(2019年)、『愛しの故郷(ふるさと)』(2020年)が早速、都内で先行ロードショー公開されることになった。

なぜディズニーは『ムーラン』を作ったのか?「今」を象徴する今年最大の話題作を考察する

『愛しの母国』 ©2019Huaxia Films

『愛しの母国』はチェン・カイコーが総合監督を務め、彼自身を含む7名の監督たちがそれぞれに中華人民共和国の建国から核実験の成功、香港の返還、北京オリンピックの開催など、今日に至るまでの歴史的瞬間にスポットを当てたエピソードを描いたオムニバス作品。第6話にはティエン・チュアンチュアンも主人公の叔父さん役で俳優として出演している。

姉妹編の『愛しの故郷』のほうはチャン・イーモウが製作総指揮を務め、7名の監督たちが描く5つの物語を紡いだやはりオムニバスの作品だが、『愛しの母国』が真正面から中国の現代史を見つめた感動作なのに対して、こちらは肩の凝らないホーム・コメディの趣で、そのあたりのテイストの違いがチェン・カイコーとチャン・イーモウの個性の違いのようで面白い。

『愛しの母国』は中華人民共和国建国70周年記念映画として製作された作品、『愛しの故郷』はその姉妹作品として製作された今年公開の新作で、つい先月、2020年10月1日より中国本土で公開された大ヒット作品。驚くべきは、ひと昔前であれば中国が国家のオフィシャルな映画として製作するようなものは共産主義国ならではのコチコチに硬いものになっていたであろうところを、世界での活躍を経て指導者の立場になったチェン・カイコーやチャン・イーモウの薫陶を受けた若い世代の映画作家たちは、実に軽やかにエンターテインメントとして楽しめる作品に仕上げていること。

『芳華-Youth-』文化大革命と共に、若者たちの青春があった

『愛しの故郷』©BEIJING JINGXI CULTURE&TOURISM CO.,LTD /CHINA FILM CO.,LTD

ジョン・ウーやティエン・チュアンチュアンも含めて、世界的に通用する映画作りを実践してきた世代が築いてきたノウハウや経験値を受け継いだ中国映画界は、香港映画界の才能をも取り込んで今後ますます世界市場を席巻し、そこに日本の映画人たちも否応なしに関わっていくことになるのは間違いなさそうだ。

『THE CROSSING 〜香港と大陸をまたぐ少女〜』©Wanda Media Co., Ltd

文:谷川建司

『THE CROSSING〜香港と大陸をまたぐ少女〜』は2020年11月20日(金)より公開

『愛しの母国』は2020年10月30日(金)より、『愛しの故郷』は11月6日(金)よりグランドシネマサンシャインほか全国順次公開

『The Crossing −ザ・クロッシング− Part I/Part II』はCS映画専門チャンネル ムービープラスで2020年11月放送

関連記事(外部サイト)