誘拐されたスーパーヒーローを子どもたちが救う! 『スパイキッズ』のR・ロドリゲス最新作『ウィー・キャン・ビー・ヒーローズ』場面写真が公開!

誘拐されたスーパーヒーローを子どもたちが救う! 『スパイキッズ』のR・ロドリゲス最新作『ウィー・キャン・ビー・ヒーローズ』場面写真が公開!
Twitter

テイラー・ロートナーテイラー・ドゥーリー主演SFアクション映画『シャークボーイ&マグマガール 3-D』(2005年)と同じ世界を舞台にした続編的映画『ウィー・キャン・ビー・ヒーローズ(原題)』の場面写真が初公開された。

このたび監督のロバート・ロドリゲスが公開した場面写真では、ミス・グラデンコ役のプリヤンカー・チョープラーをはじめ、ペドロ・パスカルボイド・ホルブルッククリスチャン・スレーターなど豪華キャストの姿が初披露されている。

2021年1月1日(金)にNetflixで独占配信される本作は、『シャークボーイ&マグマガール 3-D』の世界が舞台。エイリアンに地球が侵略され、誘拐されてしまったスーパーヒーローと世界を救うべく、その子供たちが立ち上がり奮闘するというSFアクション映画だ。子供たちの中には、未来予知ができる子や、顔を別人に変えることができる子、そしてまだ自分のスーパーパワーに気づけていない子もいるそうだ!

本作には『シャークボーイ&マグマガール 3-D』の主人公シャークボーイとマグマガールがカメオ出演することが明らかになっている。監督をつとめるロドリゲスは、人気アクションコメディ映画シリーズ『スパイキッズ』(2001年〜)や前作『シャークボーイ&マグマガール 3-D』を手がけている。

■Netflixはファミリー映画にはもってこいのプラットフォーム!

ロドリゲスは、本作がNetflixでの配信に至った経緯についてインタビューで語っている。

「この数年、私の最も熱狂的なファン層は断然、私のファミリー映画を観ている人たちでした。『スパイキッズ』を観ていた人たちです。彼らは、何度も何度も作品を見ています。それは子供や家族向けに作られたものであり、特に子供たちを元気づける必要がある時期に作られたアクション映画だったからです。Netflixが私に話を持ちかけてきたのは、『スパイキッズ』がNetflixでよく観られていた作品だったことが理由でした。私は“ぜひやりたい!”と答えました。子供たちは、自分で車を運転して劇場で何千回も映画を見ることができず、親たちが連れて行ってあげないといけません。しかしNetflixなら、子供たちはただ座って観るだけでいいのです。娘は親と一緒に座って『スマイルプリキュア!』(2012年〜2013年)を観なくても、何度かクリックすれば観ることができます。だからこそ、この手の映画では高い視聴率を記録しているのです。」と話した。

子供たちはスーパーヒーローの両親を救うことができるのか⁉︎ 『ウィー・キャン・ビー・ヒーローズ(原題)』は2021年1月1日(金)よりNetflixで独占配信。

関連記事(外部サイト)