マッツ・ミケルセンに直撃! 得意なカラオケ曲は? 牧師役の衝撃作『アダムズ・アップル』TV初放送

マッツ・ミケルセンに直撃! 得意なカラオケ曲は? 牧師役の衝撃作『アダムズ・アップル』TV初放送
マッツ・ミケルセン

■マッツ・ミケルセン誕生祭!

2020年11月22日、55歳の誕生日を迎えるマッツ・ミケルセン。CS映画専門チャンネル ムービープラスが“マッツ・ミケルセン誕生祭”を開催。なかでもマッツが“全赦し”聖職者を演じた『アダムズ・アップル』(2005年)の放送は国内初となる。

みんなと同じく在宅中のマッツに直撃インタビューを敢行!本稿<インタビューPart2>では、プライベート秘話、さらにコロナ禍の生活を語ってくれた。

<インタビューPart1>在宅マッツ・ミケルセンにリモートインタビュー! “ほろ酔い”主演最新作『アナザー・ラウンド』を語る

―『アダムズ・アップル』で演じた牧師のイヴァンは、良くないことが起きると乗り越えるために極端なポジティブシンキングを貫く役でした。それに比べて『アナザー・ラウンド(英題)』(日本公開未定)の高校教師マーティンは、ネガティブな印象が強かったです。マッツさんご自身はどちらのキャラクターに近いですか?

ぼく自身はマーティンと違って、日の出の瞬間を大事にするタイプだね。毎日、新しい1日に対して興味を持つことができて、例えば「家の反対側には何があるんだろう?」っていう好奇心を決して忘れないタイプ。毎日が贈り物だと思っているし、いつも楽しみにしているんだ。どちらかと言うとイヴァンに近いんじゃないかな。

『アダムズ・アップル』© 2005 M&M Adams Apples ApS.

―『アダムズ・アップル』では歌を披露していましたが、普段カラオケなどで歌ったりしますか?

あまりカラオケには行かないね。でも去年、娘の誕生日にカラオケ付きのレストランに行って、その時はめちゃくちゃ楽しかった。みんなで歌って、声がガラガラになっちゃったよ。歌うっていうより叫んでたからかな。普段はほとんど歌わないけど、たまに歌う時もあるんだ。

―得意な曲はありますか?

強いて言うならクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」かな(笑)。長くて難しい曲だけど、みんながトライしてみたい曲だよね。でも、僕にはちょっとピッチが高いんだ。

■「ぼく自身、1年間も仕事をしていないという意味で、もちろんコロナの影響を受けているよ」

―普段はジャージを愛用されていると聞きましたが、いまでも着られていますか?

もちろん着てるよ、いまもジャージ姿だしね(笑)。上が赤で下がグレー。ジャージが好きなんだよね。例えば街を歩いていて、誰かがバスケしてたらすぐに参加できるし。ぼくはすごくフィジカルな人間だから、こういう格好が好きなんだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#MadsInJapan: At @hollycontokyo #tokyo #japan #theofficialmads

Mads Mikkelsen Official(@theofficialmads)がシェアした投稿 –


―先日のヴェネツィア国際映画祭でトマス・ヴィンターベア監督と同じネクタイをしていて、仲の良さが話題になっていましたね。

そこに気づくのって、日本的で面白いなぁ。スーツに合わせた深い紫色のネクタイをしていたんだけど、翌日にトマスがちょっと紫っぽいスーツを着ていて、それにすごく合っていたからネクタイを貸したんだよ。

実は『アナザー・ラウンド』では、トマスとけっこうやり合ったんだ。ぼくは作品のトーンはもう少し夢のような、ファンタジーっぽいものだと思ってアプローチしようとしたんだけど、トマスは「もっと現実的なトーン」だって主張したんだ。結局ぼくの方が諦めたんだけど、最終的にはトマスが正しかった。それが最高のアプローチの仕方だったからね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

📷: @gregwilliamsphotography #gregwilliams #gregwilliamsphotography #venicefilmfestival #kineoprize #madsmikkelsen #theofficialmads

Mads Mikkelsen Official(@theofficialmads)がシェアした投稿 –


―2020年は世界中が新型コロナウイルスで大変なことになっていますが、マッツさんはどのように過ごされていますか?

ぼく自身、1年間も仕事をしていないという意味で、もちろん影響を受けている。今回みなさんにお届けする『アナザー・ラウンド』も撮影は1年前のものなんだ。コロナを治癒するのか、それとは違ったウィズコロナの生き方なのかはわからないけど、みんなと同じように何かしらの解決法を待っている状態だよ。でも、どのような形であっても、何かが変わらないといけないのかなとは思ってる。このまま何度もロックダウンするだけでは何も変わらないと思うからね。ぼく自身は大丈夫。ちょっと長いホリデーみたいな感じで、家賃も払えているし。ただ、やっぱり仲間や同僚をはじめ、大変な目に遭っている人がたくさんいる。だから、みんなで何らかの解決法を見つけなければいけないよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇮🇹 Forza Italia.

Mads Mikkelsen Official(@theofficialmads)がシェアした投稿 –


―この状況下で気をつけていることはありますか?

データを見て、理性的な考えを持とうと意識してるよ。もちろんリスクが高い人もいて、そうじゃない人もいるわけだよね。ぼく自身はそれを具体的に見るように考えている。生きるためには、いろいろとやるべきこと/やれることがたくさんあって、必ずしもそれを全て止める必要はないと思う。もちろん、ハイリスクの人を守ることは真剣に考えなければいけないことだけど、同時にそこまでリスクが高くない人はまだまだ生きるということを楽しめるはずだから、データや全体像を理性的に見るようにしているね。

―『アダムズ・アップル』に続き、2020年末にデンマークで公開予定のアナス・トマス・イェンセン監督の新作『Riders Of Justice(英題)』に出演されているとお聞きしました。アナス監督とはたびたびタッグを組まれていますが、監督の作品をどのように感じていますか?

アナス監督の作品というのは、観客がこれまでに観たことがない隔離された世界観のなかに、登場人物たちが放り込まれる物語が多いように思う。その世界観を受け入れることができると、登場人物たちに共感することができる、そんな物語が多いような気がするね。登場人物には極端なキャラクターもいて、悪人の場合は極端に悪だったり、善人の場合は極端に善、ナイーブな人は極端にナイーブだったりするんだ。そうやって、すべてをギリギリのところまで持っていくのがアナス監督なんじゃないかなと思うよ。

『アダムズ・アップル』© 2005 M&M Adams Apples ApS.

『アダムズ・アップル』の公開から15年経って、さすがに撮影当時のことは詳しく覚えていないけど、作品の持つスピリットはすごく気に入っているよ。“善VS悪”、“神VS悪魔”っていう世界観の中で、物語自体がすごく大きなスケール感があるところも好きだね。そうそう、たくさんカラスがいたのを覚えているよ。カラスのトレーナーがいて自由自在に操っていたんだけど、一羽が驚いてしまって僕らの横を上手く飛ぶことができなかったんだ。あれはおもしろかったな。

人里離れた教会にネオナチ男がやってきた! 寓話を駆使した容赦なき強烈な人間劇『アダムズ・アップル』

『アダムズ・アップル』© 2005 M&M Adams Apples ApS.

―『アダムズ・アップル』は(2020年11月に)日本のテレビで初放送なので、最後にファンに向けてコメントをお願いします。

美しくてシュールで、笑える要素がたくさんあって、悲劇もちょっとある作品です。この作品を気に入ってもらえたら嬉しいです。

マッツ・ミケルセン

『アダムズ・アップル』はCS映画専門チャンネル ムービープラスで2021年1月放送

関連記事(外部サイト)