パラマウントが『Are You Afraid of the Dark?』を映画化

パラマウントが『Are You Afraid of the Dark?』を映画化

パラマウントが『Are You Afraid of the Dark?』を映画化の画像

テレビ版は、10代の子供たちが、それぞれに"怖い"あるいは"不思議な"話をする設定だったが、映画版は、より怖さを増すということだ。脚本を手がけるのは、『IT/イット “それ“が見えたら、終わり。』と『アナベル 死霊人形の誕生』を連続でヒットさせたゲイリー・ドーベルマン。『IT/イット…』は、全世界で6億8,300万ドルを売り上げ、現在、続編が製作準備中。ドーベルマンは続編の脚本も共同執筆する。続編の北米公開は2019年9月。

関連記事(外部サイト)