ジャニーズWEST重岡と神山がぶつかり合う! Netflixドラマ『宇宙を駆けるよだか』予告編公開

ジャニーズWEST重岡と神山がぶつかり合う! Netflixドラマ『宇宙を駆けるよだか』予告編公開

『宇宙を駆けるよだか』

ジャニーズWESTの重岡大毅と神山智洋のダブル主演ドラマ『宇宙(そら)を駆けるよだか』が、8月1日(水)よりNetflixにて配信される。主題歌はジャニーズWESTの書き下ろし新曲『アカツキ』に決定。主題歌にのせてふたりが熱演する予告編が到着した。

『宇宙(そら)を駆けるよだか』は、漫画家・川端志季による同名マンガを原作とした実写ドラマ化作品。高校生男女4人が繰り広げるサスペンスラブストーリーだ。

クラスの人気者の火賀俊平(重岡大毅)と、秀才でスポーツ万能の水本公史郎(神山智洋)、容姿も性格もいい小日向あゆみ(清原果耶)の3人は、仲の良い幼馴染。ある日、公史郎があゆみに告白し、付き合うことになったふたり。だが、初デートの日にあゆみはクラスメイトで醜い容姿の然子(富田望生)と、体が入れ替わってしまう。誰にも信じてもらえず絶望するあゆみ。唯一、火賀が然子の中にあゆみがいることに気がついて……。

今回到着した予告編は、火賀役の重岡と公史郎役の神山が愛しいあゆみを巡り、激しく対立。公史郎が火賀を屋上から突き落とそうとするスリリングな場面も。そして、火賀があゆみを「心配するな! 俺が絶対お前の体取り返したる!」と強く抱きしめたところで締めくくられている。

重岡は「外見か、中身かというテーマに迫っていくストーリーで、サスペンス要素あり、どんでん返しもあり、ハラハラ観られるし、見た後に自分なりの思いが沸き上がってくると思います。是非主題歌と一緒に楽しんでいただきたいです! 」とコメント。

また、神山も主題歌『アカツキ』について「作詞家の方が、原作を読んで書き下ろしてくださったので、ストーリーやキャラクターにリンクしていますね。火賀、公史郎、あゆみ、然子のどのキャラクター視点でも聴ける曲だと思います!」と言葉を添えた。関西ジャニーズJr.時代から、共に活動してきた重岡と神山は、現実でも幼馴染に近い関係性。そんなふたりがガチンコでぶつかり合うドラマに期待が高まる。

『宇宙を駆けるよだか』

関連記事(外部サイト)