ジャニーズWEST、新曲手掛けたあいみょんから手紙受け取る フルサイズテレビ初披露が話題

ジャニーズWEST、新曲手掛けたあいみょんから手紙受け取る フルサイズテレビ初披露が話題

あいみょん(C)モデルプレス

【モデルプレス=2021/05/03】ジャニーズWESTが、3日放送のTBS系「CDTVライブ!ライブ!」2時間スペシャル(よる9時〜)に生出演。あいみょんが作詞作曲した話題の新曲「サムシング・ニュー」を披露した。

◆あいみょん、ジャニーズWESTに手紙

あいみょんがジャニーズWESTに楽曲提供をするのは、あいみょん自身にとっても初めての楽曲提供となった、2015年に作詞を担当した「Time goes by」以来、6年ぶり。「サムシング・ニュー」は、「ウエディングのバージンロード」をテーマにしながらも、その裏には人生という長い道のり(ロード)を歩いていく上での大切なメッセージが隠されている、そんなあいみょんらしい仕掛けが詰まった人生賛歌であり応援歌となっている。

今回のパフォーマンス前の打ち合わせでは、桐山照史が「楽曲もらった時に、手紙もメッセージ付きでくださって」とあいみょんから手紙を受け取ったことを告白。

同曲は「僕らは最強なんだぜ」という歌詞でスタートするが、あいみょんはその言葉について、手紙内で「『何言ってんやろ?この人たち』って一見思うけど、『なんかかっこいいな』『この人たちについて行ってみよう』みたいな気持ちにさせてくれる人が、私はかっこいい人やと思っている」とつづっていたそう。

重岡大毅はこれを受け「あいみょんさんが言ってた素敵な男性像、雰囲気を出してえよな!」と意気込んでいた。

◆ジャニーズWESTの新曲に反響

そして、本番ではメンバーたちが自由に動きながら楽しそうに楽曲を披露。フルサイズはテレビ初となった。

歌唱後「あいみょんさんもありがとう!!」と感謝したジャニーズWEST。視聴者からは「素敵なパフォーマンスでキュンキュンでした!」「フルサイズで見られて幸せ」「みんなが楽しそうでこちらも笑顔になりました」など、多数の反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:TBS


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)

×