渡辺麻友イメージ一新、「制服のマネキン」宮脇咲良センター…AKB48グループ“祝賀会”に1万2000人熱狂<ライブレポ/セットリスト>

渡辺麻友イメージ一新、「制服のマネキン」宮脇咲良センター…AKB48グループ“祝賀会”に1万2000人熱狂<ライブレポ/セットリスト>

「AKB48グループ同時開催コンサートin横浜〜今年はランクインできました祝賀会〜」(C)AKS

【AKB48/モデルプレス=9月16日】15日、横浜アリーナにて「AKB48グループ同時開催コンサートin横浜〜今年はランクインできました祝賀会〜」が開催された。

◆指原莉乃が空中ブランコで登場

コンサートは史上初めて、「AKB48選抜総選挙」2連覇を果たしたHKT48の指原莉乃が、空中ブランコで客席の上から降りてくる演出で開幕。選抜総選挙曲「LOVE TRIP」を披露し、指原が「順位関係なく最高の夜にしたいと思ってます!皆さんついてきてくれますか?」と煽ると、大きな歓声が上がった。

初盤は、峯岸みなみがセンターのアンダーガールズ楽曲「伝説の魚」、矢倉楓子(NMB48)センターのネクストガールズ楽曲「進化してねえじゃん」など、ファンに感謝の思いをこめ、総選挙楽曲を次々とパフォーマンス。矢倉は「今日はこの舞台に立てている喜びを噛みしめて、皆さんと楽しみたいです!」と笑顔をはじけさせた。

◆選抜メンバーが生演奏、ソロで沸かせる

中盤は、選抜メンバー16名が下位からそれぞれソロやセンターで沸かせる構成。高橋朱里(15位)は前田敦子の楽曲「セブンスコード」をドラムを叩きながら力強く歌い上げ、北原里英(12位)は、後輩メンバーを従えた「大声ダイヤモンド」。その歌声が伝説となり“北原ダイヤモンド”と呼ばれたステージの再現でファンを笑わせた。

また、総監督の横山由依(11位)は、浴衣姿で「365日の紙飛行機」をピアノ弾き語り。慣れないピアノに手こずる横山をサポートするように、会場のファンも優しく歌い出し、最後は感動の大合唱となった。

メンバーたちの凝った演出の連続に島崎遥香(8位)は恐縮した様子で、「演出家の方がただ歌って踊るだけじゃ味気ないと、だから話す場を設けて下さったんです」と1人でMC。「こんなに大きい会場で私が1人でMCをするのは事故のわけですよ。場が持たないので助っ人に来てもらおうと思って」と“ぱるる選抜”の元バイトAKBの繁藤冬佳と日出有香を招待。8月10日で活動終了となったぱるる選抜だが、「1日だけ復活ということで来てくれました」と3人で楽曲「光の中へ」を初披露した。

◆宮脇咲良は「制服のマネキン」センター

宮脇咲良(6位)は、ソロダンスから始まり乃木坂46の楽曲「制服のマネキン」をメンバーを従えパフォーマンス。クールな表情で魅了し、若きエースとして本家センター・生駒里奈に劣らない存在感を見せつけた。

一方、柏木由紀(5位)はベテランの貫禄。オーケストラをバックにNGT48の楽曲「Maxとき315号」を伸びやかな歌声でソロ歌唱。ソロコンサートで力をつけた圧巻の歌唱力で見事に新しい楽曲を作り上げていた。

そして、山本彩(4位)が炎吹き出すステージの中、激しいダンスの「Must be now」で魅せると、松井珠理奈(3位)も負けじと自身のソロ曲「赤いピンヒールとプロフェッサー」で魅了。途中でピンヒールと露出の激しい衣装に早着替えするという演出で会場を沸かせた。

◆渡辺麻友がイメージ一新

会場の雰囲気を一変させたのは渡辺麻友(2位)。後方ステージでスタンドマイクを片手に、クールに自身のソロ曲であるロックナンバー「紛らしている」をジャズアレンジを加え歌い上げる。普段のイメージを一新する姿で1万2000人の観客を釘付けにし、「ディナーショーですか?!」と高橋を驚かせていた。

最後は指原莉乃が、バンドの生演奏をバックにHKT48の楽曲「12秒」をパワフルにソロ歌唱。会場のボルテージは最高潮となった。

アンコールには前日足の怪我で休演が発表されていた小嶋陽菜が、一部だけパフォーマンスに参加するサプライズも。AKB48の46thシングル「タイトル未定」(11月16日発売)の選抜メンバーも発表された。

◆AKB48グループ初の試みで“同時開催”

今回のコンサートでは、今年6月に開催された「AKB48 45thシングル選抜総選挙〜僕たちは誰について行けばいい?〜」にてランクインしたメンバー80名のうち、スケジュールの都合上休演となった入山杏奈、小嶋をのぞく78名が横浜アリーナ公演に、圏外メンバー192名のうち、185名が神奈川県民ホールで行われた「AKB48グループ同時開催コンサートin横浜〜来年こそランクインするぞ決起集会〜」公演に出演。

横浜アリーナ公演は12,000人、神奈川県民ホール公演は2,000人の観客を動員。MC中は神奈川県民ホールと中継をつなぐ場面もあり、同グループ初の試みは、熱狂のうちに幕を閉じた。(modelpress編集部)

■セットリスト
☆センター
1.LOVE TRIP
2.しぇからしか!
3.少女たちよ
4.伝説の魚
5.進化してねえじゃん
6.岸が見える海から
7.2016年のInvitation
8.桜、みんなで食べた
9.希望的リフレイン
MC
10.言い訳Maybe(☆矢吹・田中美・松岡菜・西野・大和田・大森・鎌田・日高・村重)
11.Only today(☆川本・田島・須藤・坂口理・駒田・山内・秋吉・吉田朱・宮崎)
12.セブンスコード(高橋朱里ソロ)
13.快速と動体視力(☆加藤玲・藤江・冨吉・岡田彩・植木・谷口・坂口渚・佐藤す・加藤美)
14.考える人(岡田奈々ソロ)
MC
15.へたっぴウインク(向井地美音ソロ)
16.青春のラップタイム(☆沖田・藪下・渕上・谷・渋谷・熊崎・木本)
17.大声ダイヤモンド(北原里英/加藤玲・川本・藤江・岡田彩・西野・大和田・谷口・坂口渚・山内鈴・大森・鎌田・佐藤す・加藤美・宮崎・日高)
18.回遊魚のキャパシティ(☆白間・木崎・佐々木・神志那・竹内舞・宮前・岸野)
19.遠距離ポスター(☆朝長・江籠・本村・岩立・太田夢・酒井・北川)
20.365日の紙飛行機(横山由依ソロ)
21.強き者よ(☆大場・矢倉・倉野尾・二村・森保)
22.嵐の夜には(武藤十夢ソロ)
23.ヤンキーマシンガン(兒玉遥ソロ)
24.光の中へ(ぱるる選抜)
MC
25.飛べないアゲハチョウ(☆込山・竹内彩・大島涼・茂木・井上)
26.君のことが好きだから 名古屋Ver.(須田亜香里ソロ)
27.制服のマネキン(宮脇咲良/矢吹・本村・渕上・冨吉・田島・田中美・松岡菜・森保・神志那・植木・坂口理・駒田・秋吉・村重)
MC
28.純愛のクレッシェンド(高柳明音、古畑奈和、惣田紗莉渚)
29.Maxとき315号(柏木由紀ソロ)
30.Must be now(山本彩ソロ)
31.となりのバナナ(峯岸みなみ、小嶋真子)
32.赤いピンヒールとプロフェッサー(松井珠理奈ソロ)
33.紛らしている(渡辺麻友ソロ)
MC
34.12秒(指原莉乃ソロ)
35.ロックだよ、人生は
36.前しか向かねえ
37.Everyday、カチューシャ
MC
38.しあわせを分けなさい
EN1.光と影の日々(指原・渡辺・松井珠・山本彩・柏木・宮脇・兒玉・横山・北原・高柳・白間・矢倉・北川・加藤美)
EN2.ひこうき雲
EN3.メロンジュース

関連記事(外部サイト)