JUJU×沢村一樹、限定ユニット結成 直々サプライズオファーに「3度聞き返した」

JUJU×沢村一樹、限定ユニット結成 直々サプライズオファーに「3度聞き返した」

限定ユニットを結成したJUJU×沢村一樹(C)日本テレビ

【JUJU・沢村一樹/モデルプレス=9月20日】俳優の沢村一樹が主演を務める、10月スタートの新日曜ドラマ「レンタル救世主」(日本テレビ系/毎週日曜よる10時30分)。その主題歌を、アーティストのJUJUとともに、“レンタル救世主・明辺悠五”として沢村が限定ユニットで担当することがわかった。

◆「一緒に歌ってください」“レンタル救世主”に直々オファー

今月中旬、ドラマの主題歌をJUJUが担当することに喜んでいた沢村のもとに、JUJUが訪れると「レンタル救世主として一緒に主題歌を歌ってください」とまさかの依頼が。初めは驚くばかりの沢村だったが、ドラマの役である明辺悠五へ“レンタル救世主”としての依頼ということで、最後には「全力で取り組みます!」と初めての経験に恐縮しながらも、懸命に取り組むことを誓った。

依頼を受けてからボイトレなどを積みレコーディングに臨んだ沢村は、見事歌い切り、達成感と安堵した表情に。曲は“JUJU feat. 明辺悠五”のデュエットソングで、デュエットらしい歌謡曲の雰囲気を纏いながらも、現代にあったアップテンポな曲調でドラマに華を添えること間違いなし。

沢村は「とにかく緊張しましたし、改めて『歌手の方ってすごいな』と率直にそう思いました。ただ確かにドラマ『レンタル救世主』・明辺悠五として様々な依頼を受けます!と言ってはいますが、まさか JUJU さんから主題歌のオファーが来るとは思ってもいなかったので、依頼が来たときには3度聞き返しました(笑)。でも歌い始めてみるととても楽しくて、なんでも一度はやってみるものだな、と思いました」としみじみコメント。一方、昔から沢村のファンであったというJUJUは「まさか一緒に歌える時が来るなんて思っていませんでした。『レンタル救世主』様様です!(笑)普段も素敵な声だなと思っていましたが、実際に歌っていただいて、やっぱり素敵な歌声でとても感動しました!『レンタル救世主』に頼んでよかったです!」と喜びを語った。

◆沢村一樹と藤井流星が志田未来を救う?

今作の題材は、依頼を受ければ電話一本で参上し、期間中は如何なる無理難題もこなす救世主となるが、実際は単なる営利目的の「レンタルサービス」。依頼期間を1秒でも過ぎれば赤の他人となる、完全歩合制の“ヒーロー”を描く。

莫大な借金を抱えた単なる超絶お人好しのレンタル救世主・明辺悠五を沢村、同じくレンタル救世主で目立つことが大好きな「スポットライト症候群」と自称する、やたら腕っぷしが強い男・葵伝二郎をジャニーズWESTの藤井流星、そして救世主の2人に初仕事で救出される謎の少女・百地零子を志田未来が演じる。(modelpress編集部)

■沢村一樹コメント
Q.レコーディングを終えてみての感想、手応えははいかがでしたか?
とにかく緊張しましたし、改めて「歌手の方ってすごいな」と率直にそう思いました。ただ確かにドラマ「レンタル救世主」・明辺悠五として様々な依頼を受けます!と言ってはいますが、まさかJUJUさんから主題歌のオファーが来るとは思ってもいなかったので、依頼が来たときには3度聞き返しました(笑)。でも歌い始めてみるととても楽しくて、なんでも一度はやってみるものだな、と思いました。日曜ドラマの曲として、「明日からも元気に!」なれる曲になっていますので、ドラマと一緒に是非お楽しみください!

Q.今回とは別に、沢村さんはJUJUさんにレンタル依頼するとしたら、どのようなことを頼みたいですか?
犬の散歩中に鼻歌を歌っていると先ほどお聞きしたので、ドラマの撮影の合間や、食事の際に鼻歌でいいので、是非歌いに来ていただけると活力になりますね。何度かライブにも行ったことがありますが、疲れているときや、ここ一番の場面で生歌を聴けたら嬉しいです!

■JUJUコメント
Q.レコーディングを終えてみての感想、手応えは?沢村さんの歌声はいかがでしたか?
昔から沢村さんのことは大好きだったので、まさか一緒に歌える時が来るなんて思っていませんでした。「レンタル救世主」様様です!(笑)普段も素敵な声だなと思っていましたが、実際に歌っていただいて、やっぱり素敵な歌声でとても感動しました!「レンタル救世主」に頼んでよかったです!

Q.曲の特徴を教えてください!
ドラマが、助けてと言えない人、人を信じられない人が、心の SOS をレンタル救世主に依頼し、救世主もまた依頼主に信じてもらうため命を懸けて依頼に応える、というどこか切なく、でも最後は温かい作品だと感じ、その思いを込めて作りました。是非たくさんの方々にドラマを見て、そしてこの曲を聴いていただき、楽しい週末から新しい1週間に前向きな一歩を踏み出していただけたらと思っています。

関連記事(外部サイト)