小室哲哉×浅倉大介“PANDORA”、異次元ハイトーンボイス・Beverly迎えついに始動

小室哲哉×浅倉大介“PANDORA”、異次元ハイトーンボイス・Beverly迎えついに始動

小室哲哉&浅倉大介、新ユニット「PANDORA」(写真提供:avex)

【PANDORA・Beverly/モデルプレス=8月2日】小室哲哉(TM NETWORK、globe)、浅倉大介(access)によるユニットPANDORAが、特撮ドラマ『仮面ライダー』シリーズの最新作『仮面ライダービルド』(9月3日スタート、毎週日曜あさ8時〜)の主題歌を担当することが発表された。

PANDORA=“箱”にはボーカリスト、アート、さらにはテクノロジーとのコラボレーションによる新しいエンターテインメントが詰まっている。そして今回、フューチャリングされたのはアメリカ、フィリピン等の音楽祭で数々の受賞歴を持ち、ハイトーンボイスが魅力の世界レベルの実力派シンガーBeverlyだ。

これまでも数々のヒットプロデュースを手掛けた小室と、かつてTM NETWORKのサポートメンバーも務めaccessとしても活躍する浅倉が、異次元のハイトーンボイスで話題のBeverlyとどんな化学反応を起こすのか期待がかかる。

◆PANDORAがついに始動

ユニット名は「PANDORA feat. Beverly」で、主題歌タイトルは「Be The One」に決定。

今年に入り何度か小室と浅倉の2ショット写真が公開され、小室のSNSでは“ DA/TK DIGITAL ORCHESTRA”というイニシャルとともに予告動画などもアップされ、ファンや各メディアでも、何やらこの二人が企てていると話題となっていたが、ついにPANDORAが始動した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)