T.M.Revolution西川貴教、イナズマロックフェス開催中止に本音

T.M.Revolution西川貴教、イナズマロックフェス開催中止に本音

イナズマロックフェス開催中止への本音を明かした西川貴教(C)モデルプレス

【西川貴教/モデルプレス=9月20日】T.M.Revolutionの西川貴教が20日、都内で行われた映画『スクランブル』(9月22日公開)のイベントに、お笑いコンビのカミナリとともに出席した。

◆西川貴教、イナズマロックフェス中止の心境は?

先日17日に開催予定だったが、台風で中止となった「イナズマロック フェス 2017」について、西川は「確かに悔しい思いはしているんですけど、来てくださる皆さんとか、出演してくれているアーティストのみんなとの絆は、逆に深まっているような気がする」と気丈にコメント。「来年ちょうど10周年にもなりますし、その思いを来年に繋げていければなと思っています」と意気込みを語った。

イベント前日に迎えていた誕生日については、「朝からたっぷりと秋の特番の収録をさせていただいて、楽屋にはひっそりとスタッフが用意してくれたケーキが」とサプライズがあったことを報告。「(祝福モードで盛り上がって)ワーってなって、この流れでご飯とかに行くんじゃないかな?と思ったら、あっさり帰されました」と自嘲して笑いを誘った。

◆shuta sueyoshi(AAA・末吉秀太)とのコラボに喜び

高級クラシックカーが多数登場するゴージャスな映画のイメージに合わせて、真っ赤な衣装をまとって登場した西川は、shuta sueyoshi(AAAの末吉秀太)とコラボレーションして、西川貴教の名義でリリースした本作のイメージソング『BIRI×BIRI』について、「(末吉と)普段から食事に行ったり飲みに行ったりする仲もあるので、それも不思議でした。現場で音楽的な話をしていくっていうところが、新たな関係性ができて面白かったです」とニッコリ。

当日は、カミナリが西川の楽曲をモチーフに、低周波パッドを使った「ビリビリ」ネタを披露する一幕もあり、会場は盛り上がりを見せていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)