ゴールデンボンバー「Mステ」生演奏迫る 歌広場淳「超超超怖い」

ゴールデンボンバー「Mステ」生演奏迫る 歌広場淳「超超超怖い」

ゴールデンボンバー(C)テレビ朝日

【ゴールデンボンバー/モデルプレス=12月22日】22日よる7時から放送のテレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」の年末恒例ビッグプログラム「ミュージックステーションスーパーライブ2017」にて、ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーが代表曲『女々しくて』の生演奏を初めて披露する。ベース担当の歌広場淳が21日、ブログにて初挑戦への意気込みを綴った。

◆初挑戦に本音「超超超怖い」

同曲披露はスーパーライブで5年連続となるが、生演奏はゴールデンボンバー史上初。さらに、初めての演奏が、生放送という、前代未聞の離れ業に挑む。

歌広場は「怖すぎる…」とのタイトルでブログを更新。「『放送で生演奏』という触れ込みでめちゃくちゃ煽られてるので超怖いです。超超超怖いです」と“素直すぎる”本音を暴露した。

◆ベースに“違和感”も

さらに同番組出演のPR用写真について「いつもと違うベースを持っているときの違和感ハンパねぇです」という歌広場。なんでも歌広場は“ペグ”(弦を調節するつまみ)に「圧倒的運動神経のヌルさにより過去に複数回ぶつけて流血している」とのことで、その部分がスポンジでカバーされてない状態に違和感を感じているという。「生放送ではマジでそこも気をつけないとですね。いや当たり前ですけど…!」と生放送での生演奏に挑む緊張感を伝えた。

◆メンバーそれぞれが準備へ

普段は、エアーバンドであるゴールデンボンバー。ギター担当の喜矢武豊はこの企画が決まってからネットで楽譜を探し、歌広場は弦が張られた音の出るベースを持ち、樽美酒研二はスネアドラム一個で基礎練習を始め、それぞれに準備を整えているという。

また今回の初挑戦に向けて、それぞれが熱い意気込みを語っている。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)