嵐、有村架純の前で「GUTS !」披露 内村光良「ニノはアイドルだったんだ」<紅白リハ2日目>

嵐、有村架純の前で「GUTS !」披露 内村光良「ニノはアイドルだったんだ」<紅白リハ2日目>

有村架純、内村光良(C)モデルプレス

【嵐・NHK紅白歌合戦/モデルプレス=12月30日】嵐が30日、東京・渋谷のNHKホールにて「第68回 NHK紅白歌合戦」の音合わせ・リハーサルを行った。

◆嵐、応援ソングスペシャルメドレーをパフォーマンス

9回目の出場となる嵐は、「嵐× 紅白スペシャルメドレー」と題した応援ソングスペシャルメドレーをパフォーマンス。

29日に行われた囲み取材にて、ステージについて「今回180人ぐらいのダンサーの方に入っていただいて、皆でひとつの円を作ったりするんですけど、わりと…激しいです」(松本潤)、「アナログとハイテクが入り混じった感じ」(相葉雅紀)、「最先端技術がね」(櫻井翔)と語っていたメンバー。

嵐の二宮和也と紅組司会の有村架純が共演した2014年放送の日本テレビ系ドラマ「弱くても勝てます〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」の主題歌「GUTS !」では、人文字パネルを使った演出を披露。また、このほかのメドレー曲では、美しい映像と融合したパフォーマンスで魅せる。

リハーサルでは、ステージから見守っていた総合司会の内村光良(ウッチャンナンチャン)が、「司会のときとは違う…ニノはアイドルだったんだ」とそのパフォーマンスに見惚れていた。

◆「紅白歌合戦」2年目の「夢を歌おう」

今年のテーマは昨年に続き「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

総合司会は内村と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は昨年に続き2年連続で女優の有村、白組司会は単独では初となる嵐の二宮が務める。出場歌手は紅白合わせて46組で、初出場は紅組4組、白組6組の計10組。また、特別出演歌手として安室奈美恵、桑田佳祐も登場する。

放送は、2017年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※5分間の中断ニュースあり)。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)