ブルゾンちえみ、紅白本番で“まさか”の甘噛 “with B”の背中には…<紅白本番>

ブルゾンちえみ、紅白本番で“まさか”の甘噛 “with B”の背中には…<紅白本番>

ブルゾンちえみ/写真はリハーサル会見より(C)モデルプレス

【NHK紅白歌合戦・紅白HALFTIME SHOW/モデルプレス=12月31日】31日、東京・渋谷のNHKホールから生放送中の「第68回NHK紅白歌合戦」が生放送中。前半と後半の間に行われた特別企画『紅白 HALFTIME SHOW』では、お笑いタレントの渡辺直美と、ブルゾンちえみ&オースティン・マホーンらが出演した。

きらびやかな衣装でステージに登場した二宮和也が「ハーフタイムショーの時間ですよ」「アクター二宮和也です」と挨拶すると、レディー・ガガに扮した渡辺直美が客席から登場。「Poker Face」と「Born This Way」を流し、観客と絡みながらステージへと上がっていった。

◆ブルゾンちえみ、オースティン・マホーンの生歌でネタ披露

その後、ステージ中央の扉から、ブルゾンとマホーンが登場。マホーンが歌っている中、いつも通りブルゾンのキャリアウーマンネタがスタート。最初「日本で1番視聴率のとる番組にやってきました」と言うところの“視聴率”の部分を噛んでしまったが、審査員に座っている高橋一生も爆笑するなど、日本中に“笑い”を届けた。

一方、“with B”ことブリリアンは最初、2人を撮影するカメラマンに扮して登場。その後はいつも通りの動きを見せ、最後背中には「紅」(コージ)、「白」(ダイキ)と黒いペンではなく、赤と白のペンでしっかりと書かれていた。

◆「紅白歌合戦」2年目の「夢を歌おう」

今年のテーマは昨年に続き「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は昨年に続き2年連続で女優の有村架純、白組司会は単独では初となる嵐の二宮和也が務める。出場歌手は紅白合わせて46組で、初出場は紅組4組、白組6組の計10組。また、特別出演歌手として安室奈美恵、桑田佳祐も登場する。

放送は、2017年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※5分間の中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)