乃木坂46伊藤かりん&斉藤優里、涙のラストアンダーライブ<詳細レポ>

乃木坂46伊藤かりん&斉藤優里、涙のラストアンダーライブ<詳細レポ>

乃木坂46(提供写真)

【乃木坂46/モデルプレス=5月25日】乃木坂46が24日、神奈川・横浜アリーナにて「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念ライブ」を開催した。

◆「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念」

同公演は、乃木坂46の23rdシングル「Sing Out!」(5月29日発売)の発売を記念して開催。単独公演では約5年ぶりとなる横浜アリーナでの3Days公演となる。初日(24日)はアンダー、2日目(25日)は4期生、最終日(26日)は選抜公演と分かれ、各日内容が異なったバリエーションにとんだ3日間となる。

ここでは、初日となる24日に行われた、アンダーメンバーによる「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念〜アンダーライブ〜」のレポートをお届けする。

毎シングルごとに選抜・アンダーと区分けされる乃木坂46。シングル表題曲を歌唱し、メディア露出の機会が多い選抜メンバーと比較して、そのチャンスが必ずしも多いとは言えないアンダーメンバー。そんな彼女たちが主役となり、それぞれの個性を発揮する「アンダーライブ」は、今では乃木坂46を支えるなくてはならない活動となっている。

この日会場に駆けつけたファンは約1万5千人。チケットは即日SOLD OUT。アンダーライブ単独公演の会場規模としては、過去最大規模となった。

◆乃木坂46伊藤かりん&斉藤優里、涙のラストアンダーライブ

グループからの卒業を発表している伊藤かりん、斉藤優里が途中から登場。かりんは「今5曲裏で聞いていたんですけど、もう私たちずっと号泣です!もうみんなが可愛くて!」と安定の“オタクぶり”を発揮。

斉藤のセンター曲「13日の金曜日」では思わず大粒の涙が溢れ出す斉藤。ユニット曲では、かりんが“スイカメンバー”でもある伊藤純奈と「釣り堀」でデュエット。2人とも涙で歌い、最後には優しくハグを交わしていた。

アンコールでは、かりんが「乃木坂に入る前から大好きだったメンバーのセンター曲で、最後に絶対に歌いたいと思っていた曲なので、聞いてください!」と自身で選んだという、高山一実センターの「泣いたっていいじゃないか?」を披露。乃木坂46に加入する前、握手会にも通っていたほどのアイドルファンだったかりん。“推し”であった高山のセンター曲を歌う途中、涙を浮かべながらも、笑顔で会場を見渡していた。

◆乃木坂46メンバー、伊藤かりん&斉藤優里との思い出は?

MCでは、かりんと斉藤との思い出を語り合う場面も。佐々木琴子は「(斉藤)優里さんとの思い出が今回でできまして、『日常』で向かい合ってウェーブするところがあるんですけど、一緒にニヤニヤしていて(笑)楽しかったです」とにっこり。しかし、「(伊藤)かりんちゃんとの思い出も多分あるんですけど、忘れちゃった(笑)」と“琴子節”を発揮し、笑いを誘っていた。

和田まあやは「ゆっちゃん(斉藤)は1期生だし、寮も一緒だったから、明日から現場にいないんだって思うと…」と寂しそうな表情。「かりんちゃんとゆっちゃんと一緒に旅行行こうね!」と呼びかけると、斉藤からは「これ最初は(かりんと和田が)2人で行こうって言ってた話なんですよ!」とツッコミが。「一緒に行っていいの?」「うん!」と斉藤と和田のほのぼのとした会話に、会場も癒されていたことだろう。

◆伊藤かりん&斉藤優里、最後のアンダーライブ 影ナレからスタート

開演時間の19時、樋口日奈、中田花奈、和田の影ナレでスタート。「Sing Out!」に収録される最新アンダー曲「滑走路」、そして「その女」、「ブランコ」と寺田蘭世センター楽曲が続き、真っ白なワンピースに身を包んだメンバーたちは、色っぽいダンスで会場の視線を釘付けに。「横アリ行くぞー!」と寺田が声を上げると、観客も大きな声を上げて応えていた。

続いて樋口センターの「シークレットグラフィティー」、中田センターの「春のメロディー」と可愛らしいパフォーマンスを見せ、ギャップで魅了。中田は「乃木坂が横浜アリーナで単独ライブをしたのは、2周年のバースデーライブの時なんですよね!」とにっこり。寺田は当時研究生だったようで、向井も「私は2周年ライブに来ていたので、本当に大好きな乃木坂46のメンバーになれて嬉しい。みんなから憧れられるような素敵なライブにしたいです!」と夢の実現を喜んだ。

そして、横浜アリーナ3Daysの初日をアンダーライブで飾ることから、樋口は「初日なので、乃木坂史上最高のライブにして、明日にバトンを渡そうと思います!」と意気込んだ。

◆「Against」「釣り堀」「2度目のキスから」…多彩なユニットコーナー

ユニットコーナーでは、和田をセンターに、中村麗乃、山崎怜奈で「Against」。途中には3人がそれぞれソロダンスを踊り、圧巻のダンスパフォーマンス。和田は「今までのダンスの中で1番苦戦した」と振り返り、山崎も「居残りしてダンスを猛特訓しました」と話していた。

歌唱力に定評のあるかりん、純奈は「釣り堀」でデュエット。2人とも涙で歌い、最後には優しくハグ。純奈はMCになっても涙が止まらず、「お歌をかりんとやってたんだけど、最後だったじゃぁん…ちゃんと歌ってね、ちゃんと支えてあげようと思ってたんだけど、全然歌えなくてぇ…」と話すと、会場からは純奈を励ます声援で包まれた。

斉藤、佐々木、樋口、向井は「2度目のキスから」。可愛らしい衣装と振り付けでファンを虜にしていた。

◆アンダーライブの醍醐味!怒涛のノンストップ全員曲

そして、アンダーライブの醍醐味である、怒涛のノンストップ全員曲。「アンダー」「嫉妬の権利」「日常」などとダンスナンバーで“かっこいい”乃木坂46の姿。花道やトロッコを使って、ファンの近くに接近するサプライズもあり、会場の盛り上がりは最高潮。「涙がまだ悲しみだった頃」はかりんがセンターを務め、寺田も「大好きな曲を伊藤さん…かりんちゃんが歌ってくれて嬉しかった」と弾ける笑顔を見せていた。

本編の最後、寺田は「ここまで歌って踊って、乃木坂には本当に良い楽曲がたくさんあるんだなと、歌っている自分自身も心を動かされる瞬間がすごく多くて。でも、楽しいだけじゃないこともいっぱい思い出して、当時は子どもっぽい言い方をすると、いじけたりする気持ちをぶつけようと思って頑張ってきたけど、きょうこのライブをやって、今までのことは無駄じゃなかったんだなと思えました」と涙。「みんなに会えたことも良かったなと思うし、またこんなこと言ったら『お前言葉強いな』って誤解されそうだけど、簡単に表すと、私は生まれ変わってもまた乃木坂46として活動して、寺田蘭世として生きたいと思えるくらい、ファンの皆さんも、ここにいるメンバーのみんなも、私の宝物で誇りです。すごくすごく大切です」と思いの丈を語った。

幕が閉じても乃木坂46を呼ぶ声はやまず、Wアンコールで「僕だけの光」。外周を歩いてファンとの交流を楽しむ間、乃木坂46卒業後の明るい未来を照らすかのような、自分だけの光を放つかりん。銀テープを巻きつけられ、最後まで愛されっぱなしのかりんは、大きな愛を胸に「アンダーライブ最高!」と叫び、メンバーと一緒にステージを後にした。(modelpress編集部)

■「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念〜アンダーライブ〜」<5月24日セットリスト>

影ナレ:樋口日奈、中田花奈、和田まあや
OVERTURE

M1.滑走路(センター:寺田蘭世)
M2.その女(センター:寺田蘭世)
M3.ブランコ(センター:寺田蘭世)
M4.シークレットグラフィティー(センター:樋口日奈)
M5.春のメロディー(センター:中田花奈)

MC

M6.自惚れビーチ(花道)
M7.13日の金曜日(センター:斉藤優里)
M8.Against(センター:和田まあや/中村麗乃、山崎怜奈)
M9.釣り堀(伊藤かりん、伊藤純奈)
M10.心のモノローグ(センター:中田花奈/寺田蘭世、吉田綾乃クリスティー)
M11.2度目のキスから(斉藤優里、佐々木琴子、樋口日奈、向井葉月)

MC

M12.アンダー(センター:寺田蘭世)
M13.あの日 僕は咄嗟に嘘をついた(センター:中田花奈)
M14.ここにいる理由(センター:樋口日奈)
M15.嫉妬の権利(センター:山崎怜奈、吉田綾乃クリスティー)
M16.日常(センター:寺田蘭世)
M17.狼に口笛を(センター:和田まあや)

MC

M18.転がった鐘を鳴らせ!(花道・トロッコ)
M19.ハウス!(花道)
M20.扇風機(センター:中村麗乃)
M21.ダンケシェーン(センター:樋口日奈)
M22.涙がまだ悲しみだった頃(センター:伊藤かりん)

MC

M23.誰よりそばにいたい

EN

EN1.生まれたままで (センター:寺田蘭世)
EN2.ロマンスのスタート(花道・トロッコ)
EN3.左胸の勇気(センター:樋口日奈)

MC

EN4.泣いたっていいじゃないか?(センター:伊藤かりん)

MC

EN5.乃木坂の詩

WEN

WEN1.僕だけの光(花道)

■出演メンバー:名前一覧(50音順)

伊藤かりん、伊藤純奈、斉藤優里、佐々木琴子、寺田蘭世、中田花奈、中村麗乃、樋口日奈、向井葉月、山崎怜奈、吉田綾乃クリスティー、和田まあや

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)