【乃木坂46アンダーライブ】伊藤かりん&斉藤優里、号泣スピーチ全文

【乃木坂46アンダーライブ】伊藤かりん&斉藤優里、号泣スピーチ全文

乃木坂46(提供写真)

【乃木坂46/モデルプレス=5月25日】乃木坂46が24日、神奈川・横浜アリーナにて「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念ライブ」を開催した。

◆「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念」

同公演は、乃木坂46の23rdシングル「Sing Out!」(5月29日発売)の発売を記念して開催。単独公演では約5年ぶりとなる横浜アリーナでの3Days公演となる。初日(24日)はアンダー、2日目(25日)は4期生、最終日(26日)は選抜公演と分かれ、各日内容が異なったバリエーションにとんだ3日間となる。

ここでは、初日となる24日に行われた、アンダーメンバーによる「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念〜アンダーライブ〜」にて、卒業を発表している伊藤かりんと斉藤優里が涙ながらに語ったスピーチをお届けする。

毎シングルごとに選抜・アンダーと区分けされる乃木坂46。シングル表題曲を歌唱し、メディア露出の機会が多い選抜メンバーと比較して、そのチャンスが必ずしも多いとは言えないアンダーメンバー。そんな彼女たちが主役となり、それぞれの個性を発揮する「アンダーライブ」は、今では乃木坂46を支えるなくてはならない活動となっている。

この日会場に駆けつけたファンは約1万5千人。チケットは即日SOLD OUT。アンダーライブ単独公演の会場規模としては、過去最大規模となった。

◆乃木坂46伊藤かりん&斉藤優里“最後のアンダーライブ”で号泣スピーチ

グループからの卒業を発表しているかりん、斉藤が途中から登場。かりんは「今5曲裏で聞いていたんですけど、もう私たちずっと号泣です!もうみんなが可愛くて!」と安定の“オタクぶり”を発揮。

斉藤のセンター曲「13日の金曜日」では思わず大粒の涙が溢れ出す斉藤。ユニット曲では、かりんが“スイカメンバー”でもある伊藤純奈と「釣り堀」でデュエット。2人とも涙で歌い、最後には優しくハグを交わしていた。

アンコールでは、かりんが「乃木坂に入る前から大好きだったメンバーのセンター曲で、最後に絶対に歌いたいと思っていた曲なので、聞いてください!」と自身で選んだという、高山一実センターの「泣いたっていいじゃないか?」を披露。乃木坂46に加入する前、握手会にも通っていたほどのアイドルファンだったかりん。“推し”であった高山のセンター曲を歌う途中、涙を浮かべながらも、笑顔で会場を見渡していた。

以下、伊藤と斉藤のスピーチ全文。

◆斉藤優里スピーチ全文

23枚目に参加もしてないのにも関わらず、ライブに2公演も出させていただくって本当に嬉しいですし、めちゃくちゃありがたいなと思っています。アンダーライブってやっぱり最高だなって思ったのが、今のアンコール1曲目「生まれたままで」の(寺田)蘭世の煽りが、初めて聞いたんですけど!『プッチョヘンザ!』ですよ!今までのアンダーライブで聞いたことないでしょ?(寺田蘭世「これが私なんです(笑)」)

アンダーライブって私的にはすごく素敵だなと思っていて、ステージ上からじっくりファンの人と目を合わせるなんて、何年経っても恥ずかしい!ちょっと照れくさい部分もあるんですけど、地方のアンダーライブでお立ち台とかがあった時に、本当にファンの皆さんの目の前に行っちゃうんですね。でもその時は楽しもうっていう気持ちがめちゃくちゃ強くなってしまって、そういう時って自分からめちゃくちゃ目を合わせにいっちゃうんですね。だからアンダーライブって不思議なパワーがあるんだなってめちゃくちゃ思いました!

自由に衣装を選んだりとか、自由に曲ができるアンダーライブが本当に大好きですし、ここにいるメンバーももちろん好きですし、スタッフさんも大好きですし、ライブチームも大好きだし、衣装さんも大好きだし、メイクさんも…(号泣)やばい、情緒不安定!こんなMCがにするつもりはなかったんですけどぉ…めっちゃみんなのことが本当に大好きで、私も蘭世の言葉を借りるなら大切だし、すごい乃木坂46のことをめちゃくちゃ誇りに思います!…ちょっと長いかなぁ?

乃木坂46でキラキラした衣装を着せていただいたりとか、大好きなお歌を歌わせていただいたりとかできたことが、本当に幸せでした。まだ残りのライブも残っていますが、みなさん今日は足を運んでいただき、本当にありがとうございましたぁ〜!

◆伊藤かりんスピーチ全文

真ん中でこんなに囲まれて歌うのは寂しかったけど、歌えてよかったです。ありがとうございました。ふぅ、読みきれるかなぁ。すみません、少しお時間をいただきます。言い残すことがないように、お手紙を書きました。

まずは両親に。小さい時からアイドルに憧れていたけど、オーディションに落ち続けて、その度に私にどう声をかけたらいいか難しかったよね。それでも、遅咲きではあったけど、乃木坂46という最高のグループに入ることができたのは、パパ譲りの運の強さかな。ライブも、握手会も、お仕事も1度も休むことなく活動できたのは、元気なカラダに産んで、育ててくれたおかげです。伊藤かりんの1番のファンとして、一緒に全国飛び回って応援してくれて、ありがとうございました。ママ、今すごい泣いてると思うけど、涙を拭いてアイドルとしての私を最後まで見届けてね。

続いてスタッフさん。メンバー1人1人と向き合ってくれるスタッフさんたちのおかげで、私は私のやりたいお仕事をできたし、将棋にも出会えました。アンダーライブの時はみんなで輪になって話し合ったり、スタッフさんが泣いて気持ちを伝えてくれたりして、私たちもその期待に応えたくて頑張ってきました。心もカラダも大変な時もあったけど、スタッフさんたちがいつも明るく、いい空気作りをしてくれたおかげで、ここまで楽しくお仕事ができました。ありがとうございました。

続いてメンバー。3期生のみんな、でき上がってるグループに入るのは大変だったよね。覚える曲数も膨大だし、年齢も違うし。ちょうど1年前の初めて一緒にやったアンダーライブの時はどうなることかと思ったけど、たった1年で頼もしくなったね。4期生も入ってきたし、これからは先輩という立場でみんなが思う乃木坂46を伝えていってあげてください。

1期生のみんな、今更だけど、後輩なのに親しくし過ぎてごめんなさい(笑)。こんなに仲良くなれると思わなくて、改めてびっくりしています。1期生という目標があったからずっと頑張ってこられたし、私の大好きな乃木坂の雰囲気を作ってくれた1期生を、いつまでも尊敬しています。みんなのことが大好きなので、あと10年はメンバーとして頑張ってください。応援しています!

2期生のみんな。2期生はみんな最初から同じ境遇ではなかったけど、神宮でやった2期生コーナーの時に、全員バラバラの場所で、それぞれで戦ってたんだなと改めて実感しました。初めて1つになれた気がして、あの時を堺に2期生への愛が日に日に強まっています。14人いた2期生もこれで9人になってしまうけど、まだまだしぶとそうな子が残っているから、これからもたくさん2期生の存在感を示していってね!そして、来年の3月28日にみんなの1年の頑張りをまた聞かせてください。

そして最後にファンの皆さん。今までありがとうございました。私は結局、選抜には1度も選ばれませんでした。選抜だけにこだわらない姿勢でやってきたけど、確かに選抜に入ることができていたら、世界が広がってまだ知らない素敵な未来があったかもしれません。それでもやっぱり私がアンダーにこだわるのは、アンダーライブが大好きだったから。アンダーライブに出たかったから。だから私は、自分の通ってきた道になんの悔いもないし、自分をかわいそうだと思いません。自分のアイドル人生を誇りに思っています。そんな大好きなアンダーライブが地元で開催して、そのステージでアイドル人生を終えられること、本当に恵まれているし、これ以上の幸せはありません。私はアイドルというお仕事が大好きだったからとっても寂しいけど、今日のこの景色、みなさんの笑顔を心に焼き付けて、次のステージでも頑張ろうと思います。約6年間、応援してくれてありがとうございました。そしてこれからは一緒に乃木坂46を応援しましょう。本当にありがとうございました!

(modelpress編集部)

■「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念〜アンダーライブ〜」<5月24日セットリスト>

影ナレ:樋口日奈、中田花奈、和田まあや
OVERTURE

M1.滑走路(センター:寺田蘭世)
M2.その女(センター:寺田蘭世)
M3.ブランコ(センター:寺田蘭世)
M4.シークレットグラフィティー(センター:樋口日奈)
M5.春のメロディー(センター:中田花奈)

MC

M6.自惚れビーチ(花道)
M7.13日の金曜日(センター:斉藤優里)
M8.Against(センター:和田まあや/中村麗乃、山崎怜奈)
M9.釣り堀(伊藤かりん、伊藤純奈)
M10.心のモノローグ(センター:中田花奈/寺田蘭世、吉田綾乃クリスティー)
M11.2度目のキスから(斉藤優里、佐々木琴子、樋口日奈、向井葉月)

MC

M12.アンダー(センター:寺田蘭世)
M13.あの日 僕は咄嗟に嘘をついた(センター:中田花奈)
M14.ここにいる理由(センター:樋口日奈)
M15.嫉妬の権利(センター:山崎怜奈、吉田綾乃クリスティー)
M16.日常(センター:寺田蘭世)
M17.狼に口笛を(センター:和田まあや)

MC

M18.転がった鐘を鳴らせ!(花道・トロッコ)
M19.ハウス!(花道)
M20.扇風機(センター:中村麗乃)
M21.ダンケシェーン(センター:樋口日奈)
M22.涙がまだ悲しみだった頃(センター:伊藤かりん)

MC

M23.誰よりそばにいたい

EN

EN1.生まれたままで (センター:寺田蘭世)
EN2.ロマンスのスタート(花道・トロッコ)
EN3.左胸の勇気(センター:樋口日奈)

MC

EN4.泣いたっていいじゃないか?(センター:伊藤かりん)

MC

EN5.乃木坂の詩

WEN

WEN1.僕だけの光(花道)

■出演メンバー:名前一覧(50音順)

伊藤かりん、伊藤純奈、斉藤優里、佐々木琴子、寺田蘭世、中田花奈、中村麗乃、樋口日奈、向井葉月、山崎怜奈、吉田綾乃クリスティー、和田まあや

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)