欅坂46、平手友梨奈センターで「不協和音」紅白ぶり披露 東京ドーム5万人ざわつく<夏の全国アリーナツアー2019>

欅坂46、平手友梨奈センターで「不協和音」紅白ぶり披露 東京ドーム5万人ざわつく<夏の全国アリーナツアー2019>

平手友梨奈/9月18日公演写真(撮影:上山陽介)

【モデルプレス=2019/09/20】欅坂46が9月18日〜19日にわたって「欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019 追加公演in東京ドーム」公演を行った。アンコールでは、グループ史上最高難度のダンスと言われている「不協和音」を披露した。

◆欅坂46、初の東京ドーム2daysで「不協和音」披露で会場揺れる

アンコールでは、平手友梨奈センターでグループ史上最高難度のダンス曲「不協和音」を披露。平手がセンターで同曲を披露するのは、2017年の「第68回 NHK紅白歌合戦」以来。紅白では、迫力のパフォーマンスが特徴の同曲を、欅坂46として、そしてウッチャンナンチャン内村光良とのコラボレーションとして2度披露したが、歌唱後に一部のメンバーが本番中に倒れる事態となり、ネット上ではファンから心配の声が溢れたこともあった。

“魂を削る”と言っても過言ではないほど、メンバーたちも思いを込め、全力でメッセージを伝える同曲のため、欅坂46のデビュー2周年記念ワンマン公演「2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE(セカンドイヤー アニバーサリーライブ)」にてキャプテン・菅井友香センターでパフォーマンスして以来、披露されてこなかった。

そんな同曲のイントロが鳴り響いた瞬間、会場が揺れるほどの大歓声が巻き起こる。2期生もフォーメーションに加わり、平手を筆頭に真っ直ぐに前を見据えるメンバーたちからは、約2年前とは比べものにならないほどの気迫が。

魂をぶつけるように踊り狂うメンバーたちを後押しするように全力でコールするファンたち。平手、2期生の田村保乃の「僕は嫌だ!!!!!」、そして2回目の平手の「僕は嫌だ」は、心の底から絞り出すように感情を爆発させ、会場からは地鳴りのような雄叫びが上がっていた。

また同ツアーでは、センターである平手が活動中に右ひじを負傷し、一定期間安静にするよう医師から診断されたとして、出演を見合わせ。一部楽曲に参加するなど、怪我の調整を行いながら活動していたが、東京ドーム公演では開演から終演までフルで出演し、復活を果たした。

◆平手友梨奈、ダブルアンコールでソロ曲「角を曲がる」初披露

ダブルアンコールでは、グレーの制服を着た平手がステージに登場すると、一気にざわつく会場。平手が初出演・初主演を務めた映画「響 -HIBIKI-」の主題歌でもある、平手ソロ曲「角を曲がる」のイントロが流れると、一気に大歓声と拍手が巻き起こった。

同公演で初披露となった同曲。平手は「“らしさ”って一体なに?」と自問自答をしながらもがく苦しみや、自分らしく生きようとする強い意思を、しなやかなダンスとともに表現。

そして、最後は泣きそうな表情で微笑み「ありがとうございました」と深くお辞儀。会場は大きな拍手に包まれていた。(modelpress編集部)

■「欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019 追加公演in東京ドーム」9月19日公演セットリスト

影ナレ:上村莉菜、菅井友香、原田葵

Overture

M1.ガラスを割れ!
M2.語るなら未来を…
M3.Student Dance
M4.エキセントリック

MC

M5.世界には愛しかない
M6.青空が違う(青空とMARRY/菅井友香・守屋茜・渡辺梨加・渡邉理佐)
M7.バレエと少年(156/上村莉菜、尾関梨香、小池美波、長沢菜々香、原田葵)
M8.制服と太陽
M9.二人セゾン
M10.キミガイナイ
M!1.もう森へ帰ろうか?
M12.僕たちの戦争(FIVE CARDS/上村莉菜、長沢菜々香、土生瑞穂、渡辺梨加、渡邉理佐)
M13.結局、じゃあねしか言えない(五人囃子/石森虹花、齋藤冬優花、佐藤詩織、土生瑞穂)

MC

M14.サイレントマジョリティー
M15.避雷針
M16.アンビバレント
M17.風に吹かれても
M18.危なっかしい計画
M19.太陽は見上げる人を選ばない

EN

EN1.不協和音

WEN1.角を曲がる


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)