【欅坂46詳細ライブレポ】初東京ドーム公演完走「不協和音」で会場揺れる…平手友梨奈ソロ曲「角を曲がる」も初披露<夏の全国アリーナツアー2019/セットリスト>

【欅坂46詳細ライブレポ】初東京ドーム公演完走「不協和音」で会場揺れる…平手友梨奈ソロ曲「角を曲がる」も初披露<夏の全国アリーナツアー2019/セットリスト>

欅坂46/9月18日公演写真(撮影:上山陽介)

【モデルプレス=2019/09/20】欅坂46が9月18日〜19日にわたって「欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019 追加公演in東京ドーム」公演を行った。宮城・ゼビオアリーナ仙台から開始した同ツアーは、チケットは即日完売となり、全公演で17万4,500人を動員。初となる東京ドーム公演は、各日5万人、2日間で10万人ものファンが集結。約2時間半、全21曲を完走した歴史的瞬間を見届けた。(※ライブレポートは9月19日)

◆欅坂46、初の東京ドーム2daysで「不協和音」!

アンコールでは、平手友梨奈センターで「不協和音」。イントロが鳴り響いた瞬間に、会場が揺れるほどの大歓声。平手がセンターで同曲を披露するのは、2017年の「第68回 NHK紅白歌合戦」以来となる。

平手を筆頭に、真っ直ぐに前を見据え、魂をぶつけるように踊り狂うメンバーたちを後押しするように全力でコールするファンたち。平手、2期生の田村保乃の「僕は嫌だ!!!!!」、そして2回目の平手の「僕は嫌だ」は、心の底から絞り出すように感情を爆発させ、会場からは地鳴りのような雄叫びが上がっていた。

同ツアーでは、センターである平手が活動中に右ひじを負傷し、一定期間安静にするよう医師から診断されたとして、出演を見合わせ。一部楽曲に参加するなど、怪我の調整を行いながら活動していたが、東京ドーム公演では開演から終演までフルで出演し、復活を果たした。

◆平手友梨奈、ダブルアンコールでソロ曲「角を曲がる」初披露

最高潮の盛り上がりとなった会場からは、鳴り止まない「欅坂46!」のコール。グレーの制服を着た平手がステージに登場すると、一気にざわつく会場。平手が初出演・初主演を務めた映画「響 -HIBIKI-」の主題歌でもある、平手ソロ曲「角を曲がる」のイントロが流れると、一気に大歓声と拍手が巻き起こった。

同公演で初披露となった同曲。平手は「“らしさ”って一体なに?」と自問自答をしながらもがく苦しみや、自分らしく生きようとする強い意思を、しなやかなダンスとともに表現。

そして、最後は泣きそうな表情で柔らかく微笑み、「ありがとうございました」と深くお辞儀。会場は大きな拍手に包まれていた。

◆欅坂46初の東京ドーム、平手友梨奈のソロダンスで開幕

東京ドームが緑の光に包まれる中、ステージにはガラクタが廃棄されたスクラップ工場が出現し、平手が登場。彷徨い歩く平手のもとに天から届く光。神秘的な空気の中、平手は光に手を伸ばし、そしてそばにあったピアノを1音だけ鳴らした。

これまでのアリーナツアーでは、出口のない世界に閉じ込められていたメンバーたちだったが、まるでスクラップ工場は脱出した別の世界のよう。1曲目「ガラスを割れ!」で会場が揺れるほどの歓声とともに、ペンライトの光で真っ赤に。全員でのダンストラックのあとは「語るなら未来を…」。

「Student Dance」では、平手がスマホを片手に、実際に東京ドームを撮影している演出。間奏ではダンスに定評のある石森虹花、小林由依、齋藤冬優花、鈴本美愉が平手を囲む。その光景はまるで水中でダンスをしている錯覚に陥るほどだった。

繊細でダイナミックなダンスでピアノの上で踊る平手が、今度は足でピアノを踏み鳴らすと「エキセントリック」。長濱ねるパートは、山崎天(※「崎」は正式には「たつさき」)が担当した。

◆菅井友香ら東京ドーム公演に感慨 佐藤詩織は涙

最初のMCでキャプテンの菅井友香は「ついにツアーも千秋楽、欅坂46が東京ドームにやってきました。まさか千秋楽で東京ドームに立たせていただけるとは、本当にびっくりですね」と挨拶。「本当に皆さんのおかげですし、なんて表していいのかわからないくらい感謝しています」と感謝を表し、「すごく緊張していて、ただリップ塗りたいだけだったのに、有り余る力で開けてしまって、壊してしまいました(笑)」とおちゃめなエピソードを明かした。

佐藤詩織は「1期生21人でお見立て会から始まって、その時はこんなに大きな会場に立たせていただくなんて思っていなかった。2期生も入って、どんどん欅坂が大きくなって、会場もこういう綺麗な色に染まって、チーム欅のスタッフさんたちのおかげでライブもできて、恵まれているなと思いました」と涙。

副キャプテンの守屋茜は「ゆっかー(菅井)とも、いつかドームに立てたらいいねとずっと言っていたので、『ガラスを割れ!』の時に自分が見ている景色が全部真っ赤で、今東京ドームに立っているんだという実感が湧いてきました」と笑顔で語った。

◆欅坂46「世界には愛しかない」演出に歓声

「世界には愛しかない」では、当時の白制服衣装で登場。平手はヘアスタイルをハーフアップに。MV同様、傘を使った演出もあり、大きな歓声に包まれた。

グループ内ユニット“青空とMARRY”による「青空が違う」では、守屋と渡邉理佐、菅井と渡辺梨加がそれぞれ気球に乗って空を飛ぶ。“156”の「バレエと少年」(上村莉菜、尾関梨香、小池美波、長沢菜々香、原田葵)では、おとぎ話の中に迷い込んだかのような可愛らしい世界観で会場を沸かせた。

「制服と太陽」「二人セゾン」では、花道をいっぱいに使い、ファンと目を合わせながら歌った。

◆欅坂46が水の世界へ…五人囃子は欠席の織田奈那にメッセージ?

水の世界に閉じ込められた「キミガイナイ」では、メンバーの動きに合わせて噴水が舞う。水音が響くと、会場が静まり返り「もう森へ帰ろうか?」。メンバーがメインステージに戻る中、1人センターステージに残される平手。無気力に動くメンバーたちに少しずつ歩み寄り、内に秘めた思いを押し殺すようなダンス。

そして一変、「僕たちの戦争」(上村莉菜、長沢菜々香、土生瑞穂、渡辺、渡邉)では、炎の中で戦う“FIVE CARDS”。“五人囃子”の「結局、じゃあねしか言えない」(石森虹花、齋藤冬優花、佐藤、土生)では、自転車に乗って花道や客席の間の通路へ。五人囃子は、織田奈那もメンバーであるが、東京ドーム公演には欠席。しかし、パフォーマンスの最後、広げた手のひらにピースを添えて“7=なな”を作り、織田を表現するようなポーズを見せていた。

◆欅坂46の強さと儚さ…

スクラップ工場に吊るされていたガラクタたちが崩れ落ち、鳴り響く不協和音。新衣装での「サイレントマジョリティー」「避雷針」「アンビバレント」と表題曲の連続では、反骨心を剥き出しにした少女が、打ちのめされ、それでも強く立ち上がって戦っていくストーリーを感じるステージに。「アンビバレント」では、サビのダンスにこれまでの表題曲の振り付けを組み込んだ演出もあった。

「風に吹かれても」「危なっかしい計画」では、一気に会場の熱気が上昇。メンバー全員が笑顔いっぱいに踊り、小林由依の「もっと声出るだろー!お前ら、最高!!!」の掛け声に、ファンは雄叫びを上げて応えていた。

本編の最後は「太陽を見上げる人を選ばない」。菅井は「ここにいる皆さんが明日からも頑張れますよう、心を込めて歌います」と呼びかけ、メンバーは花道に広がってメッセージをそれぞれ届けていた。

そして、全員でメインステージに戻る最中、メンバー同士目を合わせて微笑みあったり、平手がメンバーの背中に手を添えて後ろから支えたりと、優しく温かな空気がメンバーを包み込む。菅井が「今日はありがとうございました。みんなと出会えて、欅坂で本当に良かったです。1つ1つ壁を乗り越えて、またここに全員で帰ってきたいと思います。ありがとうございました!」と伝え、本編を締めた。

◆欅坂46、初の東京ドーム公演完走!

欅坂46の儚さ、強さ、美しさ…すべてが詰め込まれた初の東京ドーム公演。これまでの集大成を見せつけた欅坂46のステージに、記者たちも釘付けになり、思わず記事を書く手が止まってしまう瞬間も。型破りのアイドル…唯一無二の存在であることを証明したステージになっただろう。見るものを惹きつけ、心を動かす底知れない力をもった欅坂46。1つの夢である“東京ドーム公演”を成し遂げ、次なるステージに歩み出した彼女たちは、これからどんな景色を見せてくれるのか───。(modelpress編集部)

■「欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019 追加公演in東京ドーム」9月19日公演セットリスト

影ナレ:上村莉菜、菅井友香、原田葵

Overture

M1.ガラスを割れ!
M2.語るなら未来を…
M3.Student Dance
M4.エキセントリック

MC

M5.世界には愛しかない
M6.青空が違う(青空とMARRY/菅井友香・守屋茜・渡辺梨加・渡邉理佐)
M7.バレエと少年(156/上村莉菜、尾関梨香、小池美波、長沢菜々香、原田葵)
M8.制服と太陽
M9.二人セゾン
M10.キミガイナイ
M!1.もう森へ帰ろうか?
M12.僕たちの戦争(FIVE CARDS/上村莉菜、長沢菜々香、土生瑞穂、渡辺梨加、渡邉理佐)
M13.結局、じゃあねしか言えない(五人囃子/石森虹花、齋藤冬優花、佐藤詩織、土生瑞穂)

MC

M14.サイレントマジョリティー
M15.避雷針
M16.アンビバレント
M17.風に吹かれても
M18.危なっかしい計画
M19.太陽は見上げる人を選ばない

EN

EN1.不協和音

WEN1.角を曲がる


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)