錦戸亮、初ソロツアー“公開リハ”で16曲披露 「NOMAD」至近距離ライブに「わっ、近っ!」

錦戸亮、初ソロツアー“公開リハ”で16曲披露 「NOMAD」至近距離ライブに「わっ、近っ!」

錦戸亮 (提供画像)

【モデルプレス=2019/11/02】10月1日に自主レーベル「NOMAD RECORDS」を設立し、ソロ活動をスタートさせた錦戸亮が11月1日、初のステージとなるファンクラブ限定公演「錦戸亮 LIVE TOUR 2019“NOMAD” #落選した人ごめんなさい #そんな方にもう一度チャンスを #間違えても文句なし #途中止まっても文句なし #プレミアム大リハーサル大会 #それでも落選した人ごめんなさい」を行った。

◆錦戸亮、ソロ初ステージ「こんばんは〜。わっ、近っ!」

先に発表していた全国ツアー「錦戸亮 LIVE TOUR 2019 “NOMAD”」のチケット申し込みが当初のキャパを大きく超えていたため、本人の希望でリハーサルを行う会場を使い、“公開リハーサル”として急遽追加公演を実施。

ライブでは先日先行配信を開始した『ノマド』をはじめ、これまでに制作した自作曲と12月11日にリリースされる第一弾アルバム「NOMAD」 (読み方:ノマド)からの新曲を合わせた全16曲を披露。

初のライブハウスでのワンマンということもあり、「こんばんは〜。わっ、近っ!」「俺、あさって誕生日です!」など頻繁に観客に話しかけ、終始リラックスした様子でファンとの交流を挟みつつ進行。

“公開リハーサル”と事前に念を押していた通り、途中で曲を止めてやり直す場面も。「みなさんと会う機会を増やしたいと思っていますので、ぜひ遊びに来てください」とコメントし、笑顔で手を降りながらステージを後にした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)