久間田琳加&マーシュ彩、“切ない恋”クリスマスソングで親友役 ミュージックドラマ出演

久間田琳加&マーシュ彩、“切ない恋”クリスマスソングで親友役 ミュージックドラマ出演

久間田琳加、マーシュ彩(提供写真)

【モデルプレス=2019/12/19】YouTubeで話題の18歳と16歳の姉妹デュオ『ゆりめり』が19日、公式YouTubeチャンネルにてクリスマスソング「12/23」のミュージックドラマを公開した。

◆久間田琳加&マーシュ彩、“切ない恋”クリスマスソングで親友役

『ゆりめり』公式YouTubeチャンネルでは、「ゆりめり、うたってみてん。」と題してさまざまなジャンルの楽曲のカバーを披露し、総再生回数は350万回を超えるなど、注目を集めている。また、同じくYouTubeチャンネルで展開しているミュージックドラマは、これまでリリースしたオリジナル楽曲の世界観を表現した作品で、Popteenの人気モデル・ゆなと本田響矢が出演したこともティーンを中心に大きな話題となった。

今回新たにリリースする「12/23」は、切ない恋を歌ったクリスマスソング。ミュージックドラマには、「Seventeen」専属モデルとして人気を集める久間田琳加とマーシュ彩が出演し、それぞれ恋に悩む大学生とその恋を応援する親友のルームシェアメイトを演じる。なお、楽曲は12月23日より各音楽配信サービスにてリリース予定。

久間田は「マーシュとは雑誌の撮影で一緒になることはありますが、作品で共演するという形は初めてで、作品の内容も普段の自分たちにはあまりないシチュエーションだったので、とても新鮮でした」とマーシュとの共演を回顧。作品の見所は、「ずばり“一発撮り”です。アーティストの方々の作品で観たことはありましたが、まさか自分が経験するなんて…!そこに注目して観ていただきたいです」とアピールした。

マーシュは「いつもくだらない話でふざけあってばかりの二人なので、しんみりとした雰囲気での撮影はとても不思議な感じがしました。お互いさっぱりしているタイプなので、最後の抱き合うシーンはすごく新鮮で、普段とは違う一面をたくさん出せたのではないかなと思います」とコメント。「作品の中に出てくるチェキは、実際に自分たちが撮影したものが使われています。そういった細かいところにも注目して観ていただけるとうれしいです」と語っている。(modelpress編集部)

■久間田琳加コメント

マーシュとは雑誌の撮影で一緒になることはありますが、作品で共演するという形は初めてで、作品の内容も普段の自分たちにはあまりないシチュエーションだったので、とても新鮮でした。この作品の見所は、ずばり“一発撮り”です。アーティストの方々の作品で観たことはありましたが、まさか自分が経験するなんて…!そこに注目して観ていただきたいです。

■マーシュ彩コメント

いつもくだらない話でふざけあってばかりの二人なので、しんみりとした雰囲気での撮影はとても不思議な感じがしました。お互いさっぱりしているタイプなので、最後の抱き合うシーンはすごく新鮮で、普段とは違う一面をたくさん出せたのではないかなと思います。作品の中に出てくるチェキは、実際に自分たちが撮影したものが使われています。そういった細かいところにも注目して観ていただけるとうれしいです。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)