Hey! Say! JUMPがドームツアー完走 堂本光一指導のフライング、日本人アーティスト初の演出で魅了

Hey! Say! JUMPがドームツアー完走 堂本光一指導のフライング、日本人アーティスト初の演出で魅了

Hey! Say! JUMP(提供画像)

【モデルプレス=2020/01/18】Hey! Say! JUMPが13日、福岡ヤフオク!ドームにて、4都市13公演にわたったドームツアー『Hey! Say! JUMPドームツアー2019-2020「PARADE」』の幕を下ろした。

2019年10月にリリースとなったアルバム「PARADE」を引っ提げた同ツアーは、パレード、遊園地、サーカスを思わせる、エンターテインメント要素満載。コンサート冒頭では「PARADE」の世界へと通じる、洋館の執事に扮したHey! Say! JUMPメンバーがオープニング映像に登場すると、会場は割れんばかりの歓声に包まれた。

その後、海外のホラー映画さながらの世界観で、アルバム収録曲である「Zombie Step」を披露。続く「パレードが始まる」では、巨大な2匹の狼を模した乗り物にメンバーが乗り、会場内を周遊するなど、ツアー冒頭から早くもピークのような盛り上がりをみせた。

◆Hey! Say! JUMP、キュートなコスプレも

その後も、ヒット曲「ウィークエンダー」や、昨年のシングル「ファンファーレ!」、エッジーなトラックでパワフルなダンスが映える「Entertainment」「BANGER NIGHT」をパフォーマンス。Hey! Say! JUMPオリジナルのキャラクター『じゃんぷぅ』に扮したコスプレでは、キュートな「ぷぅのうた」から、同コスプレのまま、ヒットシングル「SUPER DELICATE」を歌唱し、いい意味でファンの期待を裏切った。

◆新曲先行披露

さらに、ライブ中盤では、両A面シングル「I am / Muah Muah」(2月26日発売)から「Muah Muah」を先行披露。「投げキッス」を思わせる振付が会場のファンを魅了した。

◆Hey! Say! JUMP、和パフォーマンス

コンサートの世界はさらに変化し、スーパーバイザーとして同公演の演出に関わっているKinKi Kids・堂本光一が直接フライング等も指導した、和風ブロックへ。メンバーの中島裕翔の太鼓と、八乙女光の三味線のコラボ演奏から、ヒット曲「OVER」和バージョンを披露。さらに山田涼介・知念侑李が光一直伝の布フライングで優雅に舞い、会場を湧かせた。

そして、コンサート最大の見せ場では、360度回転するムービングステージに乗ってのパフォーマンスで、アルバム「PARADE」より「ミラクルワンダーマジック」「獣と薔薇」「UTAGE Tonight」を立て続けに歌唱。ファンの頭上をメンバーが回転しながら通過するという360度のパフォーマンスは日本人アーティスト初の演出で、ファンの心を鷲掴みにした。

ピークとなった会場の熱量をそのままに、本編ラストの「パレードは終わらない -Life is an Adventure-」では再び、光る巨大狼に乗っての歌唱で会場へ。Hey! Say! JUMP「PARADE」という名の巨大テーマパークは幕を閉じた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)