yui「Mステ」で8年ぶり「CHE.R.RY」生歌唱

yui「Mステ」で8年ぶり「CHE.R.RY」生歌唱

FLOWER FLOWER (提供写真)

【モデルプレス=2020/02/14】4人組バンド・FLOWER FLOWER(フラワーフラワー)が、14日に放送されるテレビ朝日系「ミュージックステーション」(毎週金曜よる9時〜)に生出演。ボーカルを務めるyuiのソロ時代ヒット曲「CHE.R.RY」を8年ぶりに披露する。

◆Mステバレンタインデー「恋うたスペシャル」

バレンタインデー当日の『ミュージックステーション』は“恋うたスペシャル”。街ゆく人々に「バレンタインデーに聴きたい恋愛ソング」に関するアンケート調査をし、その結果を「恋うたランキング」として発表。

片思いの背中を押してくれる“恋うた”から、切ない失恋ソングまで――人々の恋に寄り添ってきた名曲の数々が登場する。

◆yui、8年ぶり「Mステ」で「CHE.R.RY」生歌唱

スタジオには、「恋うたランキング」にもランクインした人気の恋うたを歌う2組が登場。

yuiがボーカルを務めるロックバンド・FLOWER FLOWERは、yuiのソロ時代の大ヒット曲「CHE.R.RY」を8年ぶりにMステで披露。

2007年に発売され、多くの恋する女性たちの共感を呼んだ同曲。yuiは当時を振り返り、「レコード会社の地下スタジオで作って、そのまま廊下で聴いてもらったら“シングルにしよう!”となったのを覚えています」とし、「毎年春になるとこの曲を思い出していただいているのを感じるとうれしい」と話した。

8年ぶりのMステ出演となるHYは、2008年に発表したアルバム『HeartY』に収録され、ドラマ・映画『赤い糸』の主題歌としても大きな話題を呼んだ「366日」を披露。発売から約12年が経った今でも幅広い層からの支持を集め続ける究極の失恋ソング「366日」を、10年ぶりにMステでパフォーマンスする。

今回のランクインについて「10年経っても皆さんに愛されてランクインした事は名誉なことですし、今年は、四年に一度のうるう年でもあるので一年が366日になるそんな年に歌えることがうれしいです」と仲宗根泉。「この歌は、まだ彼氏がいるときに生まれた曲で、曲を書き切るために、当時の彼氏と別れたとテレビで話したら、皆さんに驚かれたことが逆に驚きでした」と、楽曲制作当時のエピソードも明かした。

8年ぶりとなるMステでのパフォーマンスに「素敵な時間を皆さまに届けたいです」と新里英之。名嘉俊、許田信介もそれぞれ「思いっきり楽しみたい」「バラードではありますが元気にいい緊張感で望みたいと思います」と意気込んでいます。そして仲宗根も「Mステ自体ものすごく久しぶりで緊張しますが、テレビを見ている皆さんの思いも一緒に乗せて歌えたらいいなと思います」と語った。

◆打首獄門同好会、King Gnu、milet…話題のアーティスト続々

ほかにも旬のアーティストが恋うたを続々生ライブで披露。独創的な世界観で注目を集める“生活密着型ラウドロックバンド”打首獄門同好会が初登場。日本のお米と丼物や定食を愛する歌「日本の米は世界一」を披露する。

A.B.C-Zは2012年に発売された「ずっとLOVE」、そして2016年に発売された「花言葉」の2曲を披露。4人組ミクスチャーバンド・King Gnuは自身初の映画主題歌「どろん」をテレビ初披露する。

昨年デビュー曲「inside you」が各種音楽配信サイトで1位を獲得し、一躍話題となったシンガーソングライター・miletは、最新曲「Tell me」をテレビで初歌唱する。(modelpress編集部)

■出演アーティスト(50音順)

打首獄門同好会/日本の米は世界一
HY/366日
A.B.C-Z/ずっとLOVE、花言葉
King Gnu/どろん
FLOWER FLOWER/CHE.R.RY、夢
Milet/Tell me

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)