浜崎あゆみ、ライブツアー全公演中止を発表 アリーナツアー開催も見送り

浜崎あゆみ、ライブツアー全公演中止を発表 アリーナツアー開催も見送り

浜崎あゆみ(提供写真)

【モデルプレス=2020/05/19】アーティストの浜崎あゆみが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全国ツアー「ayumi hamasaki TROUBLE TOUR 2020 A 〜サイゴノトラブル〜」の既に発表している延期公演を含む36公演をすべて中止することを19日、公式サイトにて発表した。

◆浜崎あゆみ、ツアー残りの全公演すべて中止

2月20日・21日に埼玉・三郷市文化会館にて開催して以降、開催を自粛していたが、今回残りの全公演を中止することを発表。浜崎は「ステージに乗る私たち演者全員をはじめ、全ツアースタッフ、そしてご来場下さる皆様の安全性を最優先に考慮し関係各所と話し合いを重ねた結果、完全な感染防止策を講じることは現時点では困難だと判断し、初演の埼玉2日間のみという、スタートしたばかりのツアーですが、残り36公演全てを中止とさせて頂く決断に至りました」と説明し、「待ち続けて頂いた皆様へご不便をおかけする形となってしまいました事、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。心よりお詫び申し上げます」と謝罪。

続けて「長く厳しい準備期間を経てやっと幕が開いたところで始まった自粛要請でしたので、メンバーにとっても、全スタッフにとっても、そして皆様にとっても、苦しい日々のなか、それでもとにかく待って頂くお願いしか出来ない状況だった上に、この様な報告をしなければいけない事、、心がちぎれる想いです」と心境を吐露。

さらに、「実は、この38公演のサイゴノトラブルツアーの後に、アリーナツアーの開催を予定していました」というが、「例年通りの形とは少しずつ変わっていくのかも知れませんが、エンターテイメントの持つ力を絶対に諦めず、アリーナツアーの開催が皆様にとってポジティブなエネルギーに溢れる夢として存在することを信じ、私たちはステージを創造し続けて行きますので、また必ず再会しましょう!!!」とアリーナツアーは見送るかたちであることを明かし、ファンに誓った。

最後に「一日も早く新型コロナウイルス感染症が収束し、皆様と皆様にとって大切な方々が心身共に安心して過ごせる優しい日々が戻って来る事を心から祈っています」とした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)