浜崎あゆみ、初の無観客配信ライブで約5ヶ月ぶりステージ 我が子へ捧げる「オヒアの木」初披露<ライブレポ/セットリスト>

浜崎あゆみ、初の無観客配信ライブで約5ヶ月ぶりステージ 我が子へ捧げる「オヒアの木」初披露<ライブレポ/セットリスト>

『ayumi hamasaki PREMIUM LIMITED LIVE A 〜夏ノトラブル〜』(C)AEI(C)AbemaTV,Inc.

【モデルプレス=2020/07/25】歌手の浜崎あゆみが25日、自身初となる無観客オンラインライブ『ayumi hamasaki PREMIUM LIMITED LIVE A 〜夏ノトラブル〜』をABEMAにて独占配信。ニューシングル『オヒアの木』を初披露した。

◆浜崎あゆみ、初の無観客オンラインライブで情熱のステージ

暗い空に稲妻が光る怪しげな雰囲気の中、一筋の希望の光のような純白のドレスを身にまとって浜崎が登場し「Mad World」からライブがスタート。苦しみの中にも力強さを感じる歌声が響き、世界の状況とリンクするような雰囲気を醸し出す。

続けて軍服のような重厚な衣装に身を包み、ダンサーとともに再登場。厳かなムードの中1999年の楽曲「WHATEVER」「And Then」、そして「Last angel」を貫禄たっぷりに歌い上げる。おなじみのバックコーラス・ティモシー氏や浅野ヨンエ氏も迫力満点の装いでステージを盛り上げた。

全身にレースをまとったようなドレスへと着替えた浜崎は、これまでライブでもあまり披露されてこなかった「monochrome」や「?ternal」をしっとりと披露。歌手・miccieと共に「End roll」を歌うと、ライブは再び情熱的なステージへ。「talkin' 2 myself」「Survivor」「Startin’」を歌いきり、無観客ということを感じさせない熱いステージは、コロナ禍にも負けない浜崎のエネルギーを感じさせた。

◆約5ヶ月ぶりのライブ 涙ぐむ瞬間も

2月にツアーのキャンセルを決断して以降、約5ヶ月ぶりのステージとなったこのライブ。前日のInstagramでは「こんなにも急に、こんなにも長い期間ステージがなかった生活はもう何年もしていなかったので、ここまでには本当に、、、様々な想いで辿り着きました」「無観客だからとか、配信だからとか、一瞬たりとも怯んだ事はありません。全てがこれまでと同じく、純粋に真っ直ぐに全力で伝えたい事を届ける。全員がただそれだけを願い、信じているステージです」と思いをつづっていた浜崎。

本編ラストの「NOW & 4EVA」では未来へ繋がるようなソウルフルな歌声を響かせながら、目頭を押さえる場面も。

MC無しで初の無観客オンラインライブを駆け抜けた浜崎だが、アンコールでは「ABEMA見てくれてるみんな!一緒に歌って!」と呼びかけオンラインながらもファンと一体に。「また近い未来、ステージでみなさんと一緒に過ごせることを楽しみに待っています!その時まで健康で、元気で、笑顔でいてください!」と思いを伝えた。

◆新曲「オヒアの木」初披露も

そしてアンコール最後、ダンサーもいなくなりステージに1人となった浜崎は、新曲『オヒアの木』を初披露。愛する我が子のために書き下ろしたバラードソングである同曲を、優しい笑顔で届けた。

そしてダブルアンコールとしてもう一度登場すると、音楽のパワーを存分に感じさせる「The Show Must Go On」をエネルギッシュに披露しライブは幕を閉じた。

なお同ライブは8月1日24時まで「ABEMA」で見逃し配信される。(modelpress編集部)

◆セットリスト

1.Mad World
2.WHATEVER
3.And Then
4.Last angel
Jump!
GET IN GEAR!
5.monochrome
6.?ternal
7.End roll
8.talkin’ 2 myself
9..urvivor
10.Startin’
11.Love song
12.NOW & 4EVA

EN1.BLUE BIRD
EN2.MY ALL
EN3.オヒアの木

WEN.The Show Must Go On


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)