RYO、DEEPとLDH JAPAN卒業発表 アーティスト活動引退しアートの世界に挑戦

DEEPのRYOがグループとLDH JAPANからの卒業を発表 HIROにも感謝

記事まとめ

  • DEEPのRYOが12月31日をもって、グループとLDH JAPANを卒業することを発表
  • RYOは『EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006』を機にメジャーデビューした
  • HIROへの感謝を示し、卒業後は絵やデザイン、アートの世界に挑戦していくという

RYO、DEEPとLDH JAPAN卒業発表 アーティスト活動引退しアートの世界に挑戦

RYO、DEEPとLDH JAPAN卒業発表 アーティスト活動引退しアートの世界に挑戦

DEEPを卒業するRYO

4人組ボーカルグループ・DEEPのRYOが25日、12月31日をもって、同グループおよびLDH JAPANを卒業することを公式サイトやファンクラブサイトを通じて発表した。所属事務所によると卒業後は、一度芸能界を退き、絵やデザイン、アートの世界に挑戦していく予定になっているという。

 「いつも応援してくださっている皆様へ」の書き出しでRYOは「突然ではございますが、皆様へご報告させていただきたいことがございます。この度、私DEEP RYOは2018年12月31日をもちまして、DEEPそしてLDH JAPANを卒業し、アーティスト活動から引退する運びとなりました」と報告。

 『EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006 〜ASIANDREAM〜』を機にメジャーデビューし「これまでの約12年間、様々な出会いがあり、言葉では言い表せないほどのたくさんの経験を積ませていただきました」と伝えると「これもひとえに皆様の温かいご声援のお陰であると深く感謝しております」とつづった。

 卒業の理由について「私も今年32歳を迎え、自分の人生についていろいろと考えるようになりました」と明かし「これまで恵まれた環境の中、自分自身に甘えて生きてきたのではないかと感じておりましたが、今後は一人の大人として自分の人生に責任を持って生きていきたいと思っております」と説明。

 「もちろん、歌うことが嫌いになった訳ではございませんが、まだ見たことのない景色を見てみたい、一度きりの人生、新たに違った道を歩んでみたいというその想いが日に日に強くなり今回の決断に至りました」とした。

 今後は、絵やデザイン、アートの世界に挑戦していくというRYO。「今回僕のわがままを受け入れてくださったHIROさんはじめ、LDHの皆様、そしてメンバーのみんなには心より感謝しております」といい「そしてファンの皆様には突然のご報告となってしまい、困惑させてしまったかと思います。大変申し訳ございません。これまでの歌手活動の経験を糧とし、自分の人生における更なる高みに向かって日々精進していきたいと思います。12年間、本当にありがとうございました」と結んだ。

 なお、DEEPのライブツアー『DEEP LIVE TOUR 2018 “THESINGER”』(北海道:11月26日〜長崎:12月25日)の開催が決定。今ツアーが約12年ともに活動した、現メンバーのDEEPにとって最後のライブツアーとなる。

関連記事(外部サイト)