西川貴教、イナズマロックフェスの事故を説明「スタッフも軽傷で、検査結果も良好です」

西川貴教、イナズマロックフェスの事故を説明「スタッフも軽傷で、検査結果も良好です」

ツイッターでイナズマロックフェスの事故を説明した西川貴教 (C)ORICON NewS inc.

歌手の西川貴教が26日、自身のツイッターを更新。今月22・23・24日の3日間にわたって開催した『イナズマロック フェス 2018』(滋賀・烏丸半島芝生広場)を終えたことを報告するとともに、23日に起きた事故について説明した。

 西川は「『イナズマロック フェス’18』Day3最終日を終え2日が経ちましたが、最後のご挨拶が遅れて申し訳ありません」と切り出すと「既に一部報道でご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、23日の公演後に会場で事故があり、ご心配をおかけしました。報道の内容に誤りがあり、当該スタッフも軽傷で、検査結果も良好です」と現状を説明。

 当該スタッフについては「順調に回復し、必ず次のイナズマで今まで以上の働きを約束してくれました」と明かし「とはいえ起こったことは真摯に受け止め、今後もお客様のみならず、スタッフを含め関係者一同いま一度安全管理を徹底し、皆様に安心してお楽しみ頂けるイベントにしていく所存ですので、よろしくお願い致します」と約束した。

 続けて「きちんと当方に事実確認もないままに誤った報道が拡散されたことで多くの方にご心配とご迷惑をおかけしましたこと、重ねてお詫び申し上げます」と謝罪し「事故から3日後に精密検査をとのことでしたが、その必要もないとの診断報告を受けました。誰も置いていかない、これはお客様のみならずスタッフも同様です」と伝えた。

 最後は「Day3のご報告が遅れたのには、当該スタッフの最終検査を確認してから、との想いからご報告が遅れましたこと併せてお詫び申し上げます」といい「やっと今日、僕の『イナズマロック フェス’18』が終わりました。お越し下さった皆様、ご出演頂いた皆様、関係者の皆様に心から感謝を誠にありがとうございました」と結んだ。

 事故についての報道は、コンサート終了後に照明にカバーをかぶせていた女性スタッフが高さ約10メートルの足場から転落し、頭や腰に重傷を負ったなどと伝えていた。

関連記事(外部サイト)