ドラマ『忘却のサチコ』OP曲はスカートが担当 高畑充希も感激「直球の思いを感じる」

『忘却のサチコ』オープニングテーマは澤部渡のスカートが担当 高畑充希主演で実写化

記事まとめ

  • 高畑充希主演の『忘却のサチコ』オープニングテーマは澤部渡のスカートが担当する
  • 『週刊ビッグコミックスピリッツ』連載の阿部潤氏の同名漫画が原作
  • 「ドラマへの直球の思いを感じるテーマソング」と高畑はコメントしている

ドラマ『忘却のサチコ』OP曲はスカートが担当 高畑充希も感激「直球の思いを感じる」

ドラマ『忘却のサチコ』OP曲はスカートが担当 高畑充希も感激「直球の思いを感じる」

テレビ東京系ドラマ24『忘却のサチコ』オープニングテーマ曲を担当するスカート

ミュージシャン・澤部渡によるソロプロジェクト、スカートが、高畑充希主演のテレビ東京系ドラマ24 『忘却のサチコ』(10月12日スタート、毎週金曜 深0:12)のオープニングテーマを担当。曲名はなんと「忘却のサチコ」。サチコに寄り添いながら応援する、そんな歌詞になっている。

 同ドラマは、阿部潤氏の同名漫画(小学館『週刊ビッグコミックスピリッツ』連載)が原作。今年1月2日にドラマスペシャルとして、高畑主演で実写化された。結婚式の日、新郎に逃げられた文芸誌のアラサー編集者・幸子(高畑)。その完璧な仕事ぶりから“鉄の女”と称された彼女がつらいことを忘れるために“旨いもの”探し求めて奔走するグルメ・コメディー。

 「打ち合わせのときのオーダーは『昔のアニメのテーマソングみたいな感じ』というものでした。今回の楽曲にはかつてのアニメ主題歌が作品のタイトルを冠したのに倣って『忘却のサチコ』というタイトルをつけさせてもらいました。ドラマが原作を大切にしている作品だからこそやれたことだと思っています」と、コメント。

 「“パンチがあって、華やか。かつ、サチコの一周回ったキュートさから目が離せなくなる”感覚をどう音楽に落とし込めばいいんだろう、とかなり苦労しましたが、仕上がったものを聴くとそんな日々も忘却できそうです」と制作の裏側を明かしている。在日ファンクの村上基が手がけたホーンアレンジも聴きどころ。「とにかく今は漫画から飛び出してきたようなサチコの姿を見るのを楽しみにしています」と、高畑にエールを送っていた。

 楽曲を聴いた高畑も「おーサチコさん! こんなにも、ドラマへの直球の思いを感じるテーマソングもなかなか無いので、すごくうれしかったです。あと、サウンドがとってもカッコイイ!! サチコさんを、曲が呼び込んでくれる感じがして、お気に入りです」と、コメントを出している。

 スカートは、2006 年、多重録音によるレコーディングを中心に活動を開始。藤井隆らさまざまなアーティストへの楽曲提供、『山田孝之のカンヌ映画祭』(17年、テレビ東京)でエンディング曲と劇伴を担当するなど、劇伴制作にも携わる。マルチプレイヤーとしてスピッツや鈴木慶一のレコーディングにも参加するなど、ジャンルレスに活躍するシンガーソングライターであり、バンド。

 なお、正月のドラマスペシャルは、10月6日(後4:00〜)にテレビ東京で再放送。各動画配信サイト(テレビ東京自社/TVer/GYAO !/ニコ二コチャンネル/YouTube テレビ東京公式チャンネル)でも初回放送直前の10月12日深夜0時11分59秒まで無料配信中。

関連記事(外部サイト)