椎名林檎、エレカシ宮本浩次と初コラボ 『news zero』テーマ曲「獣ゆく細道」

椎名林檎がエレファントカシマシ宮本浩次と初コラボ 『news zero』新テーマ曲で

記事まとめ

  • 椎名林檎たっての希望でエレファントカシマシの宮本浩次とコラボした新曲がリリース
  • 有働由美子キャスターを迎えた『news zero』の新テーマ曲「獣ゆく細道」で初共演した
  • 椎名と宮本はミュージックビデオ(MV)でも共演、MVは児玉裕一氏が監督した

椎名林檎、エレカシ宮本浩次と初コラボ 『news zero』テーマ曲「獣ゆく細道」

椎名林檎、エレカシ宮本浩次と初コラボ 『news zero』テーマ曲「獣ゆく細道」

椎名林檎と宮本浩次が新曲「獣ゆく細道」で初共演

シンガー・ソングライターの椎名林檎が、1日から有働由美子キャスターを迎えて新装された日本テレビ系報道番組『news zero』のテーマ曲として提供した新曲「獣ゆく細道」で、エレファントカシマシの宮本浩次と初共演したことが明らかになった。椎名たっての希望で宮本を客演に迎えた同曲は、「椎名林檎と宮本浩次」名義で、きょう2日に配信リリースされた。

 テーマ曲制作の依頼を受けた椎名が最も重んじたのは、番組視聴者に残される後味。現実社会で戦う彼らの迎える夜明けを想像しながら詞曲を書いたという。

 9月27日には相手の名前を伏せたうえで、初共演となる「或る詩人」を客演に迎えたことを発表。「その人物がこれまで発して来たメッセージを、この曲のなかで一度、私なりに要約できないだろうかと考えたのです。そのうえ、一緒に唄ってもらえたらどんなによいだろう、とも」とラブコールを送った。そして、1日のオンエアによって、客演が宮本だったことが明らかに。ビッグバンドのアレンジは笹路正徳氏が手がけた。

 椎名と宮本は同曲のミュージックビデオ(MV)でも共演。監督は近年の椎名林檎作品のMV制作には欠かせない児玉裕一氏が担当した。「自分自身と孤独に闘い続ける獣。その生き様を垣間見てしまったときの瞬間が、ヤバさが、しっかりとこの映像に刻まれたと思います」。作品の詳細や歌詞、MVなどは特設サイトで公開中。

関連記事(外部サイト)