UVERworld、マーベル最新作『ヴェノム』日本語吹替版主題歌「楽しみにして」

UVERworld、マーベル最新作『ヴェノム』日本語吹替版主題歌「楽しみにして」

マーベル最新作『ヴェノム』の日本語吹替版主題歌を担当するUVERworld

スパイダーマン最大の宿敵であり、悪の魅力あふれるダークヒーローとして新たに誕生するマーベル最新作『ヴェノム』(11月2日公開)の日本語吹替版主題歌として、UVERworldが新曲「GOOD and EVIL」を提供したことが明らかになった。

 正義感あふれる敏腕ジャーナリストの主人公エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるが、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体にはとてつもない変化が起き、彼の中で解き放たれた“悪”が体をむしばみ、増殖し、マーベル史上最も残虐な悪“ヴェノム”が誕生する。

 UVERworldは、このハードでクールな世界観の映画の日本語吹替版主題歌として、「GOOD and EVIL」を書き下ろし。作詞はTAKUYA∞、作曲はUVERworldが手がけ、一丸となって完成させた。

 もともとマーベル作品のファンというTAKUYA∞は「スパイダーマンも大好きでマーベル作品をずっと見てきていたので、今回決まったときはすごくうれしかった」と大喜び。「映画『ヴェノム』の世界観というのをしっかりと引き立てられるように、普段以上に曲と向き合い、ライブをしながらまた曲と向き合ってという、ツアー中のなかで出来上がった曲なので、本当に生きた音が入っています。映画と楽曲の二つが一つになって、いい相乗効果が生まれると信じています」と自信をにじませている。

 同曲は両A面シングル「GOOD and EVIL/EDENへ」として11月7日にリリースされる。

■UVERworld メンバーコメント

スパイダーマンも大好きでマーベル作品をずっと見てきていたので、決まったときはすごくうれしかったです。

“自分たちらしさ”というものはひとまず置いておいて、世界観にちゃんと寄り添った、このダークな感じ、そして疾走感もあって、最後に向かって上がっていく力強い感じをイメージして、曲を作りました。

普段自分たちのコンセプトとは全く違うところでのコンセプトで曲が作れるなと思い、取り組む前から楽しみにしていましたし、作り上げていく中で、いつもと違った表現方法、力強い思いというか、かっこいいサウンドを追いかけていくのが楽しかったです。

UVERworldとして一丸となって、映画『ヴェノム』の世界観というのをしっかりと引き立てられるように、普段以上に曲と向き合い、ライブをしながらまた曲と向き合ってという、ツアー中のなかで出来上がった曲なので、本当に生きた音が入っています。映画と楽曲の二つが一つになって、いい相乗効果が生まれると信じています。いい楽曲ができました。すごく素晴らしい映画だと思います。みなさん楽しみにしていてください!

関連記事(外部サイト)