宮脇咲良「新たな気持ちで」再出発 IZ*ONEが韓国デビュー

HKT48宮脇咲良・矢吹奈子、AKB48本田仁美らの「IZ*ONE」(アイズワン)デビュー

記事まとめ

  • 日韓12人組ガールズグループ「IZ*ONE」(アイズワン)がデビューした
  • チャン・ウォニョン、HKT48宮脇咲良・矢吹奈子、AKB48本田仁美らの12人で構成
  • 韓国でお披露目コンサート『IZ*ONE COLOR*IZ SHOW-CON』を開催した

宮脇咲良「新たな気持ちで」再出発 IZ*ONEが韓国デビュー

宮脇咲良「新たな気持ちで」再出発 IZ*ONEが韓国デビュー

宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美も所属する12人組ガールズグループ「IZ*ONE」が韓国でデビュー(C)OFF THE RECORD

HKT48宮脇咲良矢吹奈子、AKB48の本田仁美が29日、日韓12人組ガールズグループ「IZ*ONE」(アイズワン)としてデビューし、韓国・オリンピックホールでお披露目コンサート『IZ*ONE COLOR*IZ SHOW-CON』を開催した。この日、1stミニアルバム『COLOR*IZ』でデビューしたIZ*ONEは、“バラ色の人生”を意味するリード曲「La Vie en Rose」など収録曲を披露し、華々しくスタートを切った。

 IZ*ONEは、6月〜8月にかけて放送された韓国Mnetの“サバイバル”オーディション番組『PRODUCE48』から8月31日に誕生。AKB48グループ39人、韓国側57人の計96人が参加してパフォーマンスバトルを繰り広げ、国民プロデューサーと呼ばれる視聴者の投票で選ばれた上位12人によって結成された。

 平均年齢は17.8歳。視聴者投票の結果順に、チャン・ウォニョン(14)、宮脇咲良(20)、チョ・ユリ(17)、チェ・イェナ(19)、アン・ユジン(15)、矢吹奈子(17)、クォン・ウンビ(23)、カン・ヘウォン(19)、本田仁美(17)、キム・チェウォン(18)、キム・ミンジュ(17)、イ・チェヨン(18)の12人で構成されている。

 グループ名は世界中のファンに公募し、採択されたもので「12(=IZ)種の色彩を持ったそれぞれの星たちが一つ(ONE)になるよう、すべてが一つになる瞬間」との意味が込められている。活動期間は2021年4月までの2年6ヶ月。その間、宮脇、矢吹、本田の3人はIZ*ONE専任となり、グローバルアイドルとして活動する。

 今年の総選挙で3位となったHKT48のエース・宮脇は、48グループの活動を2年半の長きにわたって休止してまでも新天地でのチャレンジを選び、「アイドルとして二度もデビューするという、奇跡のようなことを経験できて光栄です。また新たな気持ちで、アイドル人生をスタートしたいと思います」と宣言。日本のファンに向けては「これからはIZ*ONEとしての新しい姿を見せていければと思っています。IZ*ONEとしての活動は2年6ヶ月と限られていますが、どの瞬間も全力で輝きたいと思います」と力強いメッセージを送る。

 HKT48の最新シングルでWセンターの一角を務め、総選挙9位と躍進した矢吹も新天地に飛び込んだ。言葉の壁に苦労したことを明かしつつ「IZ*ONEが韓国、日本、そして世界で有名になれるように、12人で力を合わせて頑張りたいと思います! 応援よろしくお願いします」と呼びかける。

 AKB48では大所帯のチーム8に所属し、なかなか注目されづらかった本田にとっては大きなチャンスが到来。「1年前の自分には想像もできなかったような出来事が起きているので、2年半後の自分もどうなっているのかが今からすごく楽しみです。2年半の活動期間で自分を試してみたいので、成長した姿を皆さんにお見せできるように頑張ります」と約束した。

 コンサートではアンコールを含めて全9曲を披露。宮脇は「1000%」でセンターを務めた。MCではメンバーそれぞれのパーソナルカラーも発表され、宮脇はピンク、矢吹は空色、本田はベージュと紹介された。

▼宮脇咲良コメント
アイドルとして二度もデビューするという、奇跡のような事を経験できて光栄です。また新たな気持ちで、アイドル人生をスタートしたいと思います。毎日の練習を重ねて、少しずつダンスがそろうにつれ、絆も深まっていくような気持ちになり、楽しかったです。

日本のファンの皆さんには少し寂しい思いをさせてしまうかもしれませんが、ファンの方はどこにいても応援してくれているので、これからはIZ*ONEとしての新しい姿をみせていければと思っています。IZ*ONEとしての活動は2年6ヶ月と限られていますが、どの瞬間も全力で輝きたいと思います。

▼矢吹奈子コメント
私は『PROCDUCE48」の最初の評価では1番下のクラスで、その時はデビューするなんて想像もできなかったです。応援してくださるファンの皆さんのおかげで、IZ*ONEとしてデビューできることが本当にうれしいです。練習が続く日々でつらいこともありましたが、デビューの日が近づくにつれて、練習も楽しかったです。言語の違いに苦労しましたが、みんなに助けてもらって少しずつ覚えてきています。

デビュー曲の「La Vie en Rose」には、「あなたと私、私たちすべてを“バラ色の人生”にしてみせる」というメッセージが込められていて、情熱的なIZ*ONEのメンバーのこれからの意気込みが入っている曲だと思います! 今は未熟ですが、たくさん努力して成長したいです! IZ*ONEが韓国、日本、そして世界で有名になれるように、12人で力を合わせて頑張りたいと思います! 応援よろしくお願いします。

▼本田仁美コメント
デビューできて、今はとにかくうれしい気持ちでいっぱいです。練習量が多くて大変なときもありましたが、メンバーのみんなが支えてくれたのでここまで頑張って来れたと思います。大変なときもみんなでワイワイごはんを食べる時間は息抜きになりました。

デビュー曲では、特にダンスに注目してほしいです! みんなで本当にたくさんの練習をして合わせました。一体感のあるダンスを見ていただけたらいいなと思います!

グローバルアイドルとして世界の皆さんに12人それぞれの魅力を発信していくとともに、わたし個人としての実力だったり個性というものも磨いていけたらいいなと思います。1年前の自分には想像もできなかったような出来事が起きているので、2年半後の自分もどうなっているのかが今からすごく楽しみです。2年半の活動期間で自分を試してみたいので、成長した姿を皆さんにお見せできるように頑張ります!

関連記事(外部サイト)