『ザ・マスクド・シンガー』予告編&12人のキャラクタービジュアル解禁

『ザ・マスクド・シンガー』予告編&12人のキャラクタービジュアル解禁

Missテレビジョンのパフォーマンスシーン=Amazon Prime Videoのオリジナル番組『ザ・マスクド・シンガー』9月3日より独占配信(C)2021 Amazon Content Services LLC

Amazonの映像配信サービス「Amazon Prime Video」で、プライム会員向けに9月3日より独占配信される『ザ・マスクド・シンガー』(本編全9話、初回3話以降、毎週金曜順次配信)。本日、予告編&キャラクタービジュアル&場面写真が解禁となった。

 マスクを被った12人のパフォーマーたちの圧倒的なパフォーマンスを楽しみながら、マスクの中の有名人の正体を推理する、全世界50ヶ国が熱狂している音楽ライブエンターテインメントの日本版。

 予告編の中では、浜崎あゆみの「evolution」を歌うMissテレビジョン、モーニング娘。の「恋愛レボリューション21」を歌うネオンパンダ、どちらも派手でポップ、そしてキュートなその姿からは想像もできない圧倒的な歌唱パフォーマンスに、会場も大興奮している様子が伺える。

 キャラクターの個性を最大限に発揮し、ダンサーたちと一糸乱れぬ動きをみせるMissテレビジョンとネオンパンダたちの極上のパフォーマンスに、マスクの中の有名人を推理するPerfumeらパネリストたちも、「分からない!」と叫びながら、思わず身を乗り出す。そして、MCの大泉洋が「Who is behind the
mask?(マスクの中身は誰だ?)」と会場のパネリストや観客、視聴者へ呼びかけるのだ。

 12人のマスクドシンガーは、芸能界、スポーツ界、文化界など、各界の大スターたち。披露される楽曲は、最新の人気アニメ曲から懐かしの名曲まで。ポップでキュートなそのいで立ちからは想像もできない彼らの圧倒的なパフォーマンスは、見る者すべてを虜(とりこ)にしてしまうはず。

 お気に入りのキャラクターの正体を早く知りたいという欲望と、そのパフォーマンスをもっと見ていたいという願望の間で揺れる、会場の観客とパネリストたち。パフォーマーがそのマスクを脱ぐ瞬間、驚きと発見、そして大きな感動があるに違いない。

■キャラクター“ビジュアル”解説

●ウルフ(上段向かって左から1番目)
今まさに刀を抜こうとする彼は、孤高の一匹オオカミ。笠から突き出た大きな耳と、チラリと見えるブルーの瞳がクールなサムライ。

●ドラゴン3(上段向かって左から2番目)
三つの顔を持つドラゴンなのに、なぜかスーツに黒ぶちメガネ姿というドラゴン3 は、12 体の中でも一番大きいキャラクター。大きな体を震わせながら歌うパフォーマンスは圧巻。

●アマビエ(上段向かって左から3番目)
パステルカラーに彩られた飛び切りキュートなアマビエは、大きな瞳に黄色いくちばしがチャームポイント。かわいらしい彼女が一体どんなパフォーマンスを見せるのかに注目。

●ニンジャ(上段向かって左から4番目)
動きの素早いニンジャに似つかわしくない風船のように丸い体が印象的だが、パフォーマンスではこの体系を生かした、唯一無二のステージを披露。

●バード(上段向かって左から5番目)
ハシビロコウとカラス天狗(てんぐ)のようないで立ちのバードは、圧倒的なパフォーマンスと、トーク中にみせるMCやパネリストとのユーモアあふれる掛け合いが魅了のキャラクター。

●連獅子(上段向かって左から6番目)
真っ赤な髪に隈取が歌舞伎をイメージさせる連獅子は、二頭身でマスコットのようにカワイイいで立ちだが、その姿からは想像もできない美声の持ち主。

●ローズ(下段向かって左から1番目)
白いドレスを身にまとい、顔の周りを大きなバラが覆うゴージャスな姿がひと際目を引く。独特の世界観で観客を巻き込んでいく個性派。

●エスカルゴ(下段向かって左から2番目)
にょきりと生えた目玉にカラフルなフリル姿という、ド派手なカタツムリを思わせるエスカルゴのパフォーマンスには誰もが驚いてしまうはず。

●イカキング(下段向かって左から3番目)
つえを持ち、司教のようないで立ちなのはイカキング。見た目とのギャップを感じさせるようなド派手なパフォーマンスを披露する。

●ネオンパンダ(下段向かって左から4番目)
12体の中でもひと際元気な姿をみせるのが、ネオンパンダ。ポップでかわいいネオンパンダのキュートな魅力で観客を魅了。

●T-Rex(下段向かって左から5番目)
モヒカンにサングラス、そして炎柄の革ジャン姿の恐竜がT-Rex。燃えるようなロック魂を感じさせるステージに注目。

●Missテレビジョン(下段向かって左から6番目)
セクシーないで立ちに、圧倒的なパフォーマンス。トーク中やパフォーマンス中にくるくる変わるテレビ画面のキュートな表情もたまらなくキュート。

関連記事(外部サイト)