GENERATIONSら4組38人“Jr.EXILE”、アルバム&幕張ライブ4days決定

GENERATIONSら4組38人“Jr.EXILE”、アルバム&幕張ライブ4days決定

EXILEの弟分グループ4組38人からなる「Jr.EXILE」

EXILEの弟分グループ、GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BLLISTIK BOYZの4組38人からなる「Jr.EXILE」の新プロジェクト『BATTLE OF TOKYO』の始動が20日、さいたまスーパーアリーナで行われたTHE RAMPAGEのライブツアー『THE RAMPAGE LIVE TOUR 2019“THROW YA FIST”』で発表された。

 『BATTLE OF TOKYO』はJr.EXILE世代による新たな総合エンタテインメントプロジェクト。GENERATIONSを筆頭に、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BLLISTIK BOYZの4組が、それぞれの組み合わせで楽曲を制作。楽曲やミュージックビデオではプロジェクト名どおり、パフォーマンススキルをぶつけ合い、お互いのプライドをかけたコラボバトルを繰り広げる。

 7月3日にはGENERATIONS, THE RAMPAGE, FANTASTICS, BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE名義でアルバムおよびDVDをリリース。さらに、翌7月4日からは、千葉・幕張メッセ 国際展示場ホールでJr.EXILEによるライブ『BATTLE OF TOKYO 〜ENTER THE Jr.EXILE〜』を4日間連続で開催することも発表された。チケット一般発売は6月16日からスタートする。

 Jr.EXILEは、来年デビュー20周年を迎えるEXILEに憧れてダンスを始めた世代の総称。多くのメンバーが所属事務所LDHが展開する総合エンタテインメントスクール「EXPG STUDIO」の出身で、幼い頃からEXILEのエンタテインメトを学び、EXILEの想いを継承する。『BATTLE OF TOKYO』の公式SNSとしてインスタグラムとツイッターのアカウントが20日から開設された。

関連記事(外部サイト)