宮沢和史、デビュー30周年に万感「夢にも思っていなかった」

元THE BOOMの宮沢和史がデビュー30周年に万感 トークイベントにピースの又吉直樹も

記事まとめ

  • シンガー・ソングライターの宮沢和史が、朗読会&トークイベントを開催した
  • 宮沢は、THE BOOMとして「君はTVっ子」、『A Peacetime Boom』でのデビューから30周年
  • ピースの又吉直樹(38)がサプライズゲストして登場、2人で朗読を披露する場面も

宮沢和史、デビュー30周年に万感「夢にも思っていなかった」

宮沢和史、デビュー30周年に万感「夢にも思っていなかった」

デビュー30周年に万感の思いを語った宮沢和史 (C)ORICON NewS inc.

シンガー・ソングライターの宮沢和史(53)が21日、東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで3年5ヶ月ぶりとなるソロアルバム『留まらざること 川の如く』(22日発売)のリリースを記念した朗読会&トークイベントを開催した。この日は自身がボーカルを務め、2014年に解散したTHE BOOMのデビューから30周年の記念日。10月に東京と大阪で記念ライブを開催することを発表し、観客を大いに沸かせた。

 宮沢は平成元(1989)年5月21日にTHE BOOMとしてシングル「君はTVっ子」、アルバム『A Peacetime Boom』(同時発売)でデビューし、令和元年のこの日、30周年を迎えた。ファンの割れんばかりの拍手と歓声に両手を掲げ、小さく手を振りながら満面の笑みで応えた宮沢は「新宿の日清パワーステーションというライブハウスができたばっかりで、ライブをやりましたね」と30年前を懐かしそうに振り返った。

 長年、首の椎間板ヘルニアに苦しみ、14年12月にTHE BOOM解散後、16年2月にソロ活動を無期限で休止。17年3月から活動を再開した。休養中を振り返り、ヘルニアの悪化で「3年前に歌は辞めようと思いました。まさか30周年を迎えるとはその時は思っていなかったですし、アルバムを作ろうとも当時思っていませんでした。中学生で曲を作り始めて、大学の卒業と同時にデビューして、立ち止まることが今までなかったんですね。常に小走りみたいな人生でしたから、一回完全に止まって、今まで通っていたけど見ていなかった道をもう一回歩いたり、そういう時間を過ごすことによって、もっとリラックスして自分の心境をただ歌にできたらそれ以上の幸せはないなという境地に到達したかもしれないですね」とかみしめるように語った。

 この日のイベントには、THE BOOMの人気曲「中央線」に影響を受け、上京後に中央線沿線に住んだというお笑いコンビ・ピース又吉直樹(38)がサプライズゲストして登場。「おめでとうございます、30周年」と祝福した又吉は、「中学生のときに宮沢さんの写真を持って散髪屋さんに行って、『同じにしてください』って言ったら、『あなたの髪質では無理』と言われた」という過去を告白し、観客は爆笑。「言葉だけじゃなく、存在そのものからもすごく影響を受けていました。すごくここにいるのが不思議です」と感激した。

 又吉がTHE BOOMを好きになったのはバンド好きの姉がきっかけという。「THE BOOMを聴いたときに、音楽も言葉も自分の体になじむというか浸透した」といい、「そこからずっと聴き続けて、文学とか小説に出合う前に、まず宮沢さんの言葉に出合って、常識とか道徳とか、いまいちしっくりこないことを宮沢さんの言葉を経由して、いろんなことが腑に落ちた」「発見の連続で、すごく共感できる部分があった」とハマった理由を語った。

 トークに続いては朗読も披露。宮沢は歌手復帰を考えていない頃に書いたというアルバム収録曲「歌手」、KinKi Kidsのデビュー20周年アルバムに提供し、セルフカバーした「Next to you」などを読み上げた。「Next to you」はとても気に入ってるといい、「彼らとは世代も違うし、2人組じゃないし(笑)、でも自分が歌ったら別の響きになるんじゃないかと。バンドでもいろいろありますから、2人の間の関係性も山あり谷ありあったのではないかと想像しながら書きました」と明かした。さらに「ゲバラとエビータのためのタンゴ」を又吉と2人で朗読し、緊迫感のある掛け合いを繰り広げた。

 宮沢は「30周年が来るなんて夢にも思っていなかったので、ここにいるのは不思議な気持ちもあります。3年も間があいて、『もう辞めた』と言っているのに応援してくれたり、期待してくれる人がこんなにいることを肌で感じて、皆さんに心から感謝申し上げます。本当にありがとうございます」と感慨深げにあいさつ。「歌いたい歌はたくさんあるんですけど、きょうは今ちょっとこんな気分なので」と言うと、アコースティックギター弾き語りで「神様の宝石でできた島」を熱唱し、ファンを酔わせていた。

 宮沢のデビュー30周年記念ライブは、10月18日に東京・渋谷Bunkamura オーチャードホール、10月24日に大阪・フェスティバルホールで行われる。この日のイベントの模様は、23日放送のJ-WAVE『STEP ONE』(前9:00〜後1:00)でオンエアされる。

関連記事(外部サイト)