LUNA SEA・RYUICHI、がん手術乗り越え30周年ライブ「やけどしないように気をつけて」

LUNA SEA・武道館で30周年ライブに3万人が興奮 RYUICHI、肺腺がん手術乗り越え歌唱

記事まとめ

  • LUNA SEAが5月31日と6月1日、東京・日本武道館で結成30周年記念ライブを開催した
  • RYUICHIは1月に肺腺がんの手術を受けたことなど全く感じさせないほどパワフルに歌唱
  • 真矢(Dr)、RYUICHI、SUGIZO(G/Vn)、INORAN(G)、J(B)の4人にファンも大興奮

LUNA SEA・RYUICHI、がん手術乗り越え30周年ライブ「やけどしないように気をつけて」

LUNA SEA・RYUICHI、がん手術乗り越え30周年ライブ「やけどしないように気をつけて」

日本武道館で行われたLUNA SEA結成30周年ライブ2days

ロックバンド・LUNA SEAが5月31日と6月1日の両日、東京・日本武道館で結成30周年記念ライブ『LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days-』を開催し、セットリストをガラリと変えた2日間公演で計3万人を超す観客を熱狂させた。

 LUNA SEAは5月29日、結成30周年を迎えた。記念ライブの初日公演はオープニングでバンドの歴史をたどる映像が流れ、SEの「CALL FOR LOVE」から1曲目の「Dejavu」で幕を開け、ステージをぐるりと360度囲んだ観客はいきなりヒートアップ。ボーカルのRYUICHIは1月11日に肺腺がんの手術を受けたことなど全く感じさせないほどのパワフルなボーカルを響かせ、「日本武道館〜、お前たちの声聞かせてみろ、行くぞー! ウォー!」と腹の底からシャウトした。

 照明も踊りまくり、真矢(Dr)のパワフルな演奏をバックにRYUICHI、SUGIZO(G/Vn)、INORAN(G)、J(B)の絵になる4人がモニターに片足を乗せて並び立つと大歓声。床面をも映像演出に使ったステージング、スティック投げを連発する真矢のダイナミックなドラム、ステージの左右や裏の通路もふんだんに使ったサービス精神、RYUICHIの色気漂う歌声と佇まいで会場は興奮のるつぼと化した。

 RYUICHIが思わず「武道館、こんなに暑かったっけ?」と投げかけるほどの熱気に包まれながら「世界で一番幸せな5人組だと思います」と感慨深げ。「じゃあ、新曲行ってみようか」と曲振りをすると、結成記念日にリリースしたばかりの約3年ぶりシングルの表題曲「宇宙の詩 〜Higher and Higher〜」を演奏。サビではミラーボールが回り、さながら宇宙空間のような演出で魅了した。「Providence」はSUGIZOのバイオリン、INORANのアコースティックギターのみでRYUICHIがしっとり歌いあげた。

 松明が燃え盛り、篠笛の音が会場に鳴り響くと、真矢は和楽器とのコラボで観客を圧倒。右手を掲げて満面の笑みを浮かべた真矢は「もっと来いや〜!」と観客をあおりまくった。続いてベースソロでファンの熱い声援を全身に浴びたJは「すげーな、武道館!」と絶叫した。

 RYUICHIは改めて30周年を迎えたことをファンに感謝すると「30年だよ、30年。よくもまぁ、このメンバーで30年。すごくない?」と誇らしげ。「終幕していた時期があるとはいえ、こうしてみんなでステージに上がれること、今でも5人がLUNA SEAを愛していること、そしてみんながLUNA SEAを愛してくれること、めちゃめちゃすごいことだなと思います。これから起こること、みんなに届けていくものはきっと、めちゃめちゃ熱いモノなので、古くさい言い方をすると、やけどしないように気をつけてね」と呼びかけて笑いを誘った。

■まさかの自白!? 30年越しに“ドーナツ2個”事件の真相解明

 クライマックスは「I for You」「STORM」「ROSIER」などのヒット曲でたたみかけ、本編ラストの「BELIEVE」は大合唱に。アンコールでは『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』(毎週日曜 深0:35 NHK総合)の新オープニングテーマ「悲壮美」を演奏し、壮大な世界観、SUGIZOの美しいコーラスで観客を包み込むと、RYUICHIは声高らかにメンバー紹介を始めた。

 おなじみの真矢コールの連発後には、「真ちゃん、ドラムソロ泣けましたわ。世界観がすごかったっす」と感服。ベースのJが短くソロを弾き「30周年、おめでとうございます!」とメンバーを祝福すると、RYUICHIは「(加入前の)30年前、僕が一番最初にアポイントを取ったのはJです」と紹介した。当時を振り返ったJは「30年間忘れられないことがあって、RYUがドーナツを持ってきた。いまだに、なんで2個だったのかわからない。俺たちはずっと悶々としたままだよね」と、語り草になっている伝説の“ドーナツ事件”を蒸し返し、RYUICHIは「そこ?」と苦笑い。観客は手をたたいて爆笑した。

 RYUICHIがLUNACY(当時)加入前、手土産としてメンバー4人に持っていったドーナツは「4個買って行った」「4個あった」「2個しか持ってこなかった」など諸説あり、30年間解明しないままとなっている。

 RYUICHIは「4人バンドだった頃のLUNACYと対バンをしたりしていたから4つ持って行ったんだけどな。おかしいな」と首をかしげると、INORANは悪ノリし「俺が『ドーナツ』って言ったら『2個』って言ってくれ! いいか!」とファンをけしかけ、「ドーナツ」「2個」のコール&レスポンスで大盛り上がり。RYUICHIは「コラコラ!」とツッコミを入れつつ、「真ちゃん、もしかして何か真実を知ってるんじゃない?」と聞き込みを始めた。

 真矢は少しためらいつつ「確かに…、僕が受け取ったときは4つでした」「僕が隠れて2つ食べました」とまさかの自白で観客は大爆笑。30年越しに真相が解明され、疑いが晴れたRYUICHIは「いや〜スッキリしたなぁ。アーティスト生命がいろんな意味で変わってきた気がする。ありがとう、真ちゃん」とおどけつつも「本当にみんなが支えてくれました。これからもよろしくお願いします」と感謝を伝えた。

 ほのぼのした空気感に包まれるなか、SUGIZOは真面目な話をすると前置きし「ガンダムという最高のタッグを得ることができ、そして(12月発売のニューアルバムでは)スティーヴ・リリーホワイトという最強のプロデューサーと仕事をすることができます。僕らにとって最高の翼を今、得ることができました。これからさらに、さらに、高みを目指して、みんなを連れて行くよ、すごいところへ」と約束。RYUICHIは「しめますねぇ」とほれぼれしていた。

 王道感漂う構成だった初日は「WISH」で締めくくり。勢いよく銀テープが噴射され、会場全体が明るく照らしだされるなか、メンバーは30周年記念ロゴが床面に投影されたステージで熱演。高揚感と多幸感に包まれたRYUICHIは「さらに上を目指して、みんなをいい眺めの地まで連れていくので、これからもさらに未来を楽しみましょう」と呼びかけ、「武道館愛してるよ、バイバーイ!」と絶叫した。

■『LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days-』初日
01. Dejavu
02. PRECIOUS...
03. JESUS
04. DESIRE
05. SHINE
06. 宇宙の詩〜Higher and Higher〜
07. gravity
08. Providence(Acoustic Ver)
09. GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜
10. FATE
11. I for You
12. IN SILENCE
13. STORM
14. ROSIER
15. BELIEVE
【アンコール】
16. 悲壮美
17. Hold You Down
18. TONIGHT
19. WISH

関連記事(外部サイト)