Hilcrhyme、HY仲宗根とコラボ ドラマ主題歌書き下ろし「本当に幸せに思います」

Hilcrhyme、HY仲宗根とコラボ ドラマ主題歌書き下ろし「本当に幸せに思います」

『わたし旦那をシェアしてた』の主題歌を担当するHilcrhyme

アーティストのHilcrhyme(ヒルクライム)が7月4日スタートの読売テレビ・日本テレビ系 プラチナイト木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』(毎週木曜 後11:59)の主題歌を担当することが決定。楽曲は書き下ろしの「事実愛 feat. 仲宗根泉(HY)」。Hilcrhymeサイドからのオファーに、HYの仲宗根泉(キーボード・ボーカル)が応える形でフィーチャリングが実現。今年デビュー10周年を迎えるHilcrhymeにとって、女性アーティストをフィーチャーした作品は、今回が初めてとなる。

 同ドラマは同じ男性と事実婚の関係を結んでいた3人のシングルマザー・晴美(小池栄子)、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)が、シェアハウスで共同生活をしながら亡くなった“夫”の遺産を巡って戦い、数々の謎に巻き込まれていく“ファイティングミステリー”。

 沖縄で行われた仲宗根のレコーディングにはHilcrhyme のTOCも立会い、初めての交流ながらも、2人でやりとりしながらフィーチャリング部分を作り上げていったという。こうして完成した主題歌は、Hilcrhymeが台本を読んで主人公の女性目線になって女性の言葉で描いた歌詞が印象的な“女歌”で、新生Hilcrhymeの第1弾のシングルとして8月28日に発売される。

 TOCはこの曲について「失恋をテーマに、女性目線で女性の気持ちを書きました。HYの仲宗根さんがこの曲にさらなる説得力を与えてくれ、一緒に曲を創れた事を本当に幸せに思います。沢山のご縁に恵まれて完成した『事実愛 feat. 仲宗根泉 (HY)』をぜひお楽しみ下さい」と自信。一方、仲宗根は「今回、素敵な楽曲に参加できた事、大変嬉しく思っています。初めて二人で歌ったのですが、TOCさんの声と私の声が意外にもうまく重なったのにはビックリしました。二人の声にも注目して聴いてほしいです」と呼びかけている。

 なお、このシングルの発売記念公演としてHilcrhymeの地元“新潟”と、Hilcrhymeをデビュー時から応援してくれた第2の故郷“大阪”の2都市で開催が決定。両公演とも、男性限定ライブの「男祭」と女性限定ライブの「女祭」が、1日2回公演開催となっており、TOCがかねてより開催すると公言していた男性限定ライブと女性限定ライブが、遂に実現する形となった。

関連記事(外部サイト)