矢沢永吉、“矢沢の日”に『Mステ』初出演「風が気持ちよかったです!」 タモリとも初対面

矢沢永吉、“矢沢の日”に『Mステ』初出演「風が気持ちよかったです!」 タモリとも初対面

『ミュージックステーション』に初出演した矢沢永吉

9月に70歳を迎えるロックシンガーの矢沢永吉(69)が30日、テレビ朝日系『ミュージックステーション』(毎週金曜 後8:00)に初出演。MCのタモリ(74)とも初対面を果たした。

 “矢沢の日”=8月30日に、44年目を迎えるソロ活動で初の『Mステ』パフォーマンス。この日はテレビ朝日本社7Fのテラスに設置された特設ステージで、六本木の夜景をバックに一夜限りのスペシャルメドレーを披露した。

 ステージに立つと直前まで降っていた雨もやみ、「黒く塗りつぶせ」「ヨコハマ Uo・Uo・Uo』(o=長音表記)の2曲を熱唱。リハーサルなし、一発勝負の本番で「ロックンロールに感謝しようぜ!」と叫びながら、圧巻のパフォーマンスを魅せた。

 歌い終わると矢沢は「風が気持ちよかったです!」と清々しい表情でコメント。初共演となったタモリも「(矢沢とは)初共演という感じはしない、ずいぶん自然な感じでした」と語り、記念すべき初共演を締めくくった。

関連記事(外部サイト)