坂本龍一代表の東北ユースオーケストラ、被災各地から「第九」合唱参加者を募集

坂本龍一代表の東北ユースオーケストラ、被災各地から「第九」合唱参加者を募集

坂本龍一と共演する東北ユースオーケストラ

音楽家の坂本龍一が代表・監督を務める東北ユースオーケストラが、来年3月の定期演奏会で演奏するベートーヴェン「交響曲第9番 ニ短調『合唱付き』」の合唱参加者を、東日本大震災以降の被災各地から募集することが発表された。

 東北ユースオーケストラは2011年の東日本大震災直後、坂本の呼びかけにより、被災した学校の楽器の点検・修理のプロジェクトから誕生。3.11を体験した岩手県・宮城県・福島県出身の小学4年生から大学生まで、総勢100名を超える混成オーケストラで2016年から毎年3月に定期演奏会を開催。各県の被災地を中心に有志演奏会も行っている。

 2020年3月に東京(27日・サントリーホール、28日・東京芸術劇場)と福島(29日・福島県文化センター)で開催される定期演奏会は5回目の節目ということもあり、3.11以降も日本各地で生じた大きな自然災害を受けた各地をつなぐ企画をできないかと検討。坂本から、東北ユースオーケストラと全国の被災地にお住まいの方とで「第九」を演奏したらどうだろうという提案があり、今回の合唱参加者募集が決まった。

 応募にあたっては、3.11以降の日本の被災各地(エリアは下段参照)に住んでいた、もしくは現住の方を対象に約120人を募集する。応募受付は10月15日まで所定のメールフォームおよび、ファックス等にて受け付ける。詳細は東北ユースオーケストラの公式サイトを参照。

■募集の対象となる地域
「2011年東日本大震災」:福島県、宮城県、岩手県
「2016年熊本地震災害」:熊本県
「2017年7月九州北部豪雨災害」:福岡県、大分県
「2018年7月西日本豪雨災害」:岡山県、広島県、愛媛県
「2018年北海道胆振東部地震災害」:北海道胆振地方(室蘭市/苫小牧市/登別市/伊達市/豊浦町/洞爺湖町/壮瞥町/白老町/安平町/厚真町/むかわ町)

関連記事(外部サイト)