アンジュルム、今年の流行語は“アンジュルム婚”「ノミネートされたいくらい」

アンジュルム、今年の流行語は“アンジュルム婚”「ノミネートされたいくらい」

ドキュメンタリーフォトブック『アンジュルムと書いて、青春と読む。』発売記念イベントに出席したアンジュルム(写真左から)川村文乃、伊勢鈴蘭、上國料萌衣、橋迫鈴、佐々木莉佳子、竹内朱莉 (C)ORICON NewS inc.

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・アンジュルムが6日、東京・書泉グランデでドキュメンタリーフォトブック『アンジュルムと書いて、青春と読む。』(東京ニュース通信社)発売記念イベントを開き、メンバー11人のうち、竹内朱莉、佐々木莉佳子、上國料萌衣、川村文乃、伊勢鈴蘭、橋迫鈴の6人が囲み取材に応じた。

 この日『2019ユーキャン新語・流行語大賞』のノミネート30語が発表されたことを受け、グループ内の流行語を聞かれたリーダーの竹内は「今年は“アンジュルム婚”」ときっぱり。アンジュルムの大ファンで知られる女優・蒼井優と、南海キャンディーズ・山里亮太の電撃婚が“アンジュルム婚”とも報じられたことから、竹内は「私たち自身うれしかったですし、アンジュルムを知らない方にも知ってもらえたのでありがたかった。ノミネートされたいくらいの言葉」と力を込めた。

 9月に発売された本書は、今年2月〜8月までのアンジュルムの活動に完全密着。竹内は「そんな写真も載っちゃうんだというような写真も」掲載されていると言い、佐々木は「すっぴんも大公開されちゃっています。素の自分を見せている」とふだんは見られないような表情が満載されていることをアピールした。

 本書にはデビュー“同期”のももいろクローバーZのリーダー、百田夏菜子の1万字インタビューも掲載されている。レポーターから「打倒ももクロ?」とけしかけられると、メンバーは一斉に手を左右に振って全力で否定。竹内は「こういうところで打倒○○と言うと炎上しやすい。ももクロさんは尊敬しているグループですし、音楽番組で一緒になったときも楽屋に遊びに来てくださったり、優しいお姉さん方。私たちもももいろクローバーZさんのように全国民に愛されるグループになりたい」と話していた。

関連記事(外部サイト)