綾小路翔、オナマシ・イノマーさんへ「見つけてくれてありがとう」 盟友たちから悼む声

綾小路翔、オナマシ・イノマーさんへ「見つけてくれてありがとう」 盟友たちから悼む声

綾小路翔 (C)ORICON NewS inc.

かねてより口腔底がんで闘病中だった性春パンクバンド・オナニーマシーンのリーダーで元雑誌編集者のイノマーさんが19日午前2時50分、都内の病院で死去した。53歳だった。訃報を受け、氣志團の綾小路翔、ガガガSPのコザック前田、サンボマスターの木内泰史ら盟友がツイッターで追悼コメントを寄せた。

 綾小路は「最後の最期までバカだったね。バカは死んでも治らない。天国でもバカのまんま。武器も病気もバカには通じない。GUNで撃とうがGANになろうが、バカだけは殺せない。イノマー死すともバカは死せず。BAKA is NOT DEAD!! イノマーさん、バカを、俺を、氣志團を見つけてくれてありがとう。またね」と、パンクそのものだったイノマーさんの生き様を表現。

 コザック前田は「イノマーさん、本当にありがとう。イノマーさんのお陰で僕はお酒辞めれたから、今日は静かに炭酸水で献杯します」と病室でのイノマーさんとの写真を掲載しメッセージ。「思い出が多過ぎるけど、最後まで僕らの味方してくれてありがとう。通夜や葬式には敢えて行かない様にします。まだもうちょっとこっちで頑張りますね。お疲れ様でした」と呼びかけている。

 木内も「ラママで出会って、チケット1枚も手売り出来なかったオレたちをその場でティッシュタイムのレギュラーにしてくれ、ソニーからオナマシとのスプリットを出してくれるまでしてもらった。今オレたちが音楽を出来てるのは間違いなくイノマーさんが引っ張り上げてくれたおかげです」と感謝を伝えた

 イノマーさんはオリコンが発行していた週刊誌『オリコンウィークリー』の編集長に同社当時最年少の29歳で就任。ガガガSP、氣志團やサンボマスター、峯田和伸(銀杏BOYZ/当時GOING STEADY)といった人気バンドマンらを数多く紹介し、亡くなる直前まで親交が続いた。

 オリコン在籍中の1999年12月24日、ギターのオノチン(JET BOYS)、ドラムのガンガンと共に自身がボーカル&ベースとして3人組ロックバンド、通称オナマシを結成。退社後の2003年7月、サンボマスターとのスプリットアルバム『放課後の性春』でメジャーデビューを飾ると、シーモネーター(現SEAMO)とのコラボレーションシングル「家出/恋のABC」なども発表し“童貞のカリスマ”の異名もとった。昨年7月21日に口腔底がんステージ4で余命3年と公表。同年9月に舌の全摘手術を経てステージで歌えるまでに一時回復したが、今年7月に口腔底がん再発を告白していた。

関連記事(外部サイト)