米津玄師「馬と鹿」トリプルプラチナ、Foorin「パプリカ」ダブルプラチナ レコ協11月度配信認定

米津玄師「馬と鹿」トリプルプラチナ、Foorin「パプリカ」ダブルプラチナ レコ協11月度配信認定

米津玄師「馬と鹿」

日本レコード協会は12月20日、19年11月度の有料音楽配信認定を発表した。当月は、米津玄師「馬と鹿」がトリプル・プラチナ、UVERworld「儚くも永久のカナシ」とFoorin「パプリカ」がダブル・プラチナ、椎名林檎「丸ノ内サディスティック」がプラチナにそれぞれ認定された。

 そのほか、以下のとおり邦楽11作品がゴールド認定されている。

■ゴールド認定作品
Official髭男dism「イエスタデイ」、King Gnu「飛行艇」、清水翔太「花束のかわりにメロディーを」、Division All Stars「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」、浜崎あゆみ「Hello new me」、平田志穂子「sky's the limit」、B’z「兵、走る」、福山雅治「虹」、米津玄師「ドーナツホール(COVER)」「砂の惑星(+初音ミク)」、RADWIMPS「大丈夫」

※日本レコード協会 有料音楽配信認定基準(シングルトラック、アルバム)
ゴールド:10万DL以上、プラチナ:25万DL以上、ダブル・プラチナ:50万DL以上、トリプル・プラチナ:75万DL以上、ミリオン:100万DL以上

関連記事(外部サイト)