BTS『オオカミちゃん』新シリーズ主題歌 挿入歌は蔦谷好位置&ヒゲダン藤原聡

BTS『オオカミちゃん』新シリーズ主題歌 挿入歌は蔦谷好位置&ヒゲダン藤原聡

『月とオオカミちゃんには騙されない』主題歌を担当するBTS

韓国の男性7人組グループ・BTSの「Let Go」が、インターネットテレビ局・AbemaTVで来年1月5日から放送開始されるオリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミ』シリーズ最新作『月とオオカミちゃんには騙されない』(毎週日曜 後10:00 ※初回は1時間スペシャル)の主題歌に決定した。

 『オオカミ』シリーズは、真実の恋をしたい男女がデートや共同作業を通して恋の駆け引きを繰り返し、本気の恋に落ちていくまでを追いかける恋愛リアリティーショー。誰が“オオカミ”なのか?を、視聴者が番組を見ながら追体験できる斬新な番組設定や、メンバーが友情と恋の間で葛藤する等身大でリアルな姿が20代女性を中心に共感を呼び、シリーズ全体の累計視聴数は1.5億を突破している。

 1月5日からスタートする『月とオオカミちゃんには騙されない』は、シリーズ史上最多となる男女11人が登場するのが最大の注目ポイント。女性メンバーが6人に増えたことで、“オオカミちゃん”予想は過去最高難易度となり、さらに嘘つき“オオカミちゃん”の罠により、シリーズ史上最も予測がつかない男女の駆け引きが繰り広げられる。

 主題歌に決定したBTSの「Let Go」は、アルバム『FACE YOURSELF』収録曲。人生の岐路に直面したときの心情を思い描きながら制作された同曲は、恋に思い悩む切ない気持ちや、“オオカミちゃん”に惑わされ揺れ動くメンバーたちの繊細な感情とリンクする。

 また、挿入歌はKERENMIの「ROOFTOPS feat.藤原聡(Official髭男dism)」に決定。音楽プロデューサー・蔦谷好位置氏がスタートさせた「KERENMI」名義でのプロジェクトとして発表された楽曲で、Official髭男dismの藤原聡をゲストボーカリストに迎えた洗練されたポップスは、男女の駆け引きだけでなく、11人が築いていく熱い友情や絆を盛り上げる。

 蔦谷氏は「ドラマチックに番組が進む中、視聴者、出演者の皆さんの人生の一瞬にこの曲が刻まれるとうれしいです」とコメント。ボーカルの藤原は「この楽曲が番組、そして多くのリスナーの人生に寄り添うことを願っています」と期待を寄せている。

 放送に先駆け、きょう23日から『月とオオカミちゃんには騙されない』公式YouTubeチャンネルでは、主題歌「Let Go」を使用した先行映像を、AbemaTV公式YouTubeチャンネルでは挿入歌「ROOFTOPS feat.藤原聡(Official髭男dism)」を使用した先行映像を公開中。

関連記事(外部サイト)