嵐「日本GD大賞」史上初6度目の受賞 洋楽は2年連続でクイーン

嵐「日本GD大賞」史上初6度目の受賞 洋楽は2年連続でクイーン

『第34回 日本ゴールドディスク大賞』の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」邦楽部門を受賞した嵐

日本レコード協会が26日、『第34回 日本ゴールドディスク大賞』の受賞作品・アーティストを発表した。昨年1年間でCD、音楽ビデオ、有料音楽配信等の正味売上金額が最も多かったアーティストに贈られる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門は嵐が3年ぶり、史上初となる6度目の受賞。洋楽部門は英ロックバンド・クイーンが2年連続3度目の受賞を果たした。

 レコ協によると、アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)を受賞した嵐は、対象期間内(2019年1月1日〜12月31日)にアルバム235万6434枚、シングル80万8146枚、音楽ビデオ93万4432枚をセールス。デビュー20周年記念のベストアルバム『5×20 All the BEST!! 1999-2019』は「アルバム・オブ・ザ・イヤー」「ベスト5アルバム」を、ミュージッククリップ集『5×20 All the BEST!! CLIPS 1999-2019』は「ベスト・ミュージック・ビデオ」(邦楽)を受賞し、計4冠に輝いた。中でもベスト盤は、19年発売のアルバムとしては唯一のミリオン、2 ミリオン認定作品となった。

 嵐のメンバーは「2019年は僕たち嵐にとって、“デビュー20周年”というアニバーサリーイヤーでした。いつも応援してくださる嵐ファンの皆さま、そして何より作品を手にとってくださった皆さまのおかげで、グループとして節目を迎えた年に、このような素晴らしい賞をいただくことができましたことを大変光栄に思います。ありがとうございました」と喜びのコメント。今年は活動休止前最後の年となることから「さらに、より良い音楽、そしてエンターテイメントをお届けできるよう、嵐そしてスタッフ一同、2020年を精一杯駆け抜けて参りたいと思います」と意欲を燃やした。

 2年連続で「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(洋楽)を受賞したクイーンは、アルバム46万2485枚、音楽ビデオ10万2234枚、音楽配信60万2513ダウンロードをセールス。ブライアン・メイ(Gt)は「今回再びこのとても特別な賞をいただき、日本レコード協会に感謝申し上げます。光栄です!!!! ドウモアリガトウ、そして、カンパイ!!! そして日本の素晴らしきクイーン・ファンのみなさん、私たちの友人であるみなさんに愛をこめて」と感謝。

 ロジャー・テイラー(Dr)は「今年もまたこの賞を受賞することができ、非常に光栄です。日本のみなさんの長年にわたるサポート、そしてクイーンの音楽をずっと愛してくれていることに、心から感謝しています。先日のジャパンツアーでも、素晴らしい時間をみなさんと共有でき、それは私たちにとっても間違いなく、とてもスペシャルな体験でした。ぜひまた近いうちにお会いしましょう」と再会を約束した。

 アジアのアーティストでセールス1位だった韓国の男性7人組グループ・BTSは「ベスト・エイジアン・アーティスト」を2年連続2度目の受賞。さらに「Lights/Boy With Luv」が「ベスト 5 シングル」、「Lights」が「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」(アジア)、『BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF' 〜JAPAN EDITION〜』が「ベスト・ミュージック・ビデオ」(アジア)を受賞し、計4冠に輝いた。

 BTSは「昨年に続き、今年も2年連続『BEST ASIAN ARTIST』を受賞し、とてもうれしいです。いつでも、どこでも僕たちに多くの愛と応援をくださるARMY(BTSファンの呼称)、本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えた。

 新人のセールス1位に贈られる「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)は、19年1月16日にアルバム『Sympa』でメジャーデビューしたKing Gnuが獲得。「『ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー』及び『ベスト5ニュー・アーティスト』を頂きましてありがとうございます。僕たちをサポートしてくれた関係者の皆さま、ここまで共に歩んできてくれた友人・家族、そしてファンの皆さまに改めて感謝いたします」とのメッセージを寄せた。

 「シングル・オブ・ザ・イヤー」はAKB48の「サステナブル」。AKB48の同部門受賞は前人未到の10年連続。「サステナブル」と「ジワるDAYS」は「ベスト5シングル」にも輝いた。メンバーの横山由依と向井地美音は「シングル・オブ・ザ・イヤーはなんと、10年連続で受賞させていただいていますが、これも先輩方が築いてくださったAKB48の歴史だと思いますので、これからも私たちの世代がこの記録をまだまだ伸ばせるように頑張っていきたいです」と意欲をみせた。

 音楽産業発展に大きく寄与し、その年のレコード産業を象徴する活躍となった人物・作品に与えられる特別賞は、米津玄師とOfficial髭男dismの2組に贈られた。

 米津は昨年の「Lemon」に続き「馬と鹿」で、有料ダウンロード配信1位の「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」(邦楽)を2年連続で獲得。さらに、楽曲提供およびプロデュースを手がけた菅田将暉「まちがいさがし」が「ベスト 5ソング・バイ・ダウンロード」を受賞した。

 もう1組のOfficial髭男dismは、アルバム『Traveler』が「ベスト5アルバム」(邦楽)、「Pretender」が「ベスト5ソング・バイ・ダウンロード」を受賞し計3冠。「このような名誉な賞を頂けて光栄です。たくさん聴いてくださっているファンの皆さまのおかげです。改めて本当にありがとうございます。自分たちにとっても、とても手ごたえのある作品であったこともあり、メンバー一同幸せに感じております」と喜びのコメントを寄せた。

■『第34回日本ゴールドディスク大賞』主な受賞者・作品一覧

▽アーティスト・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】嵐(3年ぶり6回目)
【洋楽】クイーン(2年連続3回目)

▽ベスト・エイジアン・アーティスト
【アジア】BTS

▽ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト
氷川きよし

▽ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】King Gnu
【洋楽】ブリタニー・ハワード
【アジア】IZ*ONE

▽アルバム・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】『5×20 All the BEST!! 1999-2019』(嵐)
【洋楽】『ラヴァー』(テイラー・スウィフト)
【アジア】『#TWICE2』(TWICE)

▽シングル・オブ・ザ・イヤー
「サステナブル」(AKB48)

▽ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード
【邦楽】「馬と鹿」(米津玄師)
【洋楽】「アイ・ドント・ケア」(エド・シーラン&ジャスティン・ビーバー)
【アジア】「Lights」(BTS)

▽特別賞
Official髭男dism
米津玄師

関連記事(外部サイト)