元Kalafina・KEIKO、5・27ソロデビュー 作詞に初挑戦 YouTubeチャンネルも開設

元Kalafina・KEIKO、5・27ソロデビュー 作詞に初挑戦 YouTubeチャンネルも開設

KEIKO名義でソロシンガーとして歌手活動を始動した元KalafinaのKeiko

昨年3月に解散した梶浦由記プロデュースの女性3人組ボーカルユニット「Kalafina」のKEIKOが、27日に配信リリースするシングル「命の花/Be Yourself」でエイベックスからソロデビューすることが明らかになった。

 Kalafina時代は、2008年1月に劇場版アニメ『空の境界』エンディングテーマ「oblivious」でCDデビュー。その後も『魔法少女まどか☆マギカ』や『Fate/Zero』などの人気アニメ作品をはじめ、NHK『歴史秘話ヒストリア』のテーマソングなどを担当。メンバーの3人の美しく重厚なハーモニーで国内外のファンを魅了してきたが、昨年3月に惜しまれながら約10年間の活動に幕を下ろした。

 KEIKOのソロデビュー作は両A面。「命の花」は、新しい音楽制作チームと共に自身初の作詞に挑戦。「Be Yourself」はこれまでの自身のイメージにはなかった楽曲に挑んだ意欲作2となっている。

 YouTubeではKEIKO公式チャンネルも開設され、あす19日からは新曲の追加情報を更新することを予告している。

関連記事(外部サイト)