Da-iCE、66発の花火で初オンラインツアー締めくくり

Da-iCE、66発の花火で初オンラインツアー締めくくり

『Da-iCE×ABEMA ONLINE LIVE TOUR 2020 -THE Da-iCE-』ファイナル公演の模様

ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEが13日、自身初のオンラインライブツアー『Da-iCE×ABEMA ONLINE LIVE TOUR 2020 -THE Da-iCE-』のファイナル公演を行い、巨大倉庫からのダイナミックな演出と66発の花火を打ち上げ夏の終わりにふさわしいフィナーレを飾った。

 ライブ開始6時間前からすでに「#Da_iCEオンラインライブツアー」がツイッターでトレンド入りするなど期待の高さが伺える最終公演のこの日は、所属事務所の後輩であるFAKY、lol-エルオーエル-、GENIC、そしてメンバーの工藤大輝がプロデュースを手がけるLilac(恋ステバンド)がオープニングアクトとして出演。それぞれのパフォーマンスで盛り上げを見せ、いよいよDa-iCEの本編公演へ。

 オープニングはこの日のために制作したオリジナルサウンドに合わせた5人のソロフリースタイルダンスからスタート。レーザーの中からメンバー5人が出現し「TIME COASTER」で勢いよく幕を開けた。「Flash Back」「Step Back!」「FIGHT BACK」の“BACK”シリーズでは、倉庫のシャッターが開き3台のアメ車が倉庫の中に入ってくるなど巨大倉庫ならではの演出に思わず圧倒される。

 そして、9月30日に発売する新曲「amp」が初披露されると、「新曲きた!!!」「ワイルドな色気が半端ない」「セクシーすぎる」と大人のサウンドとセクシーな振付けに悶絶コメントが多数寄せられた。6台のフォークリフトにLEDを搭載し、6面のLEDを可動式とした演出も盛り込まれるなどダイナミックな演出もこの場所ならではだ。

 不動の人気バラード曲「恋ごころ」では、可動式の鏡を使った演出でミュージックビデオを再現。さらに、メンバービジュアルがデザインされた11tトラックが現れ、その荷台がガルウイング式に開くと中から巨大LEDが出現。その前に設置されたステージでOfficial髭男dismの藤原聡が楽曲提供した「FAKE ME FAKE ME OUT」とTVアニメ『ONE PIECE』主題歌「DREAMIN’ ON」を披露した。

 アンコールは「パラダイブ」から始まり、曲の途中で浴衣に早着替えをしたメンバーが倉庫の外に飛び出すと、(Da-iCEの語源でもあるサイコロ6面にちなんで)66発の花火が打ち上げられ、続く「Live goes on」では屋外に縁日を再現したセットが組まれており、そこにはなんとオープニングアクトを飾ったFAKY、lol-エルオーエル-、GENICの3組が駆けつけるというサプライズが。わたあめや射的、水風船すくいなどを楽しんでいる様子に画面越しでもお祭り気分が味わえた。新型コロナウイルスの影響で花火大会や祭りが相次いで中止となる中、このライブで夏を感じてもらえたらという思いも込められた演出だった。

関連記事(外部サイト)