ENHYPEN『FNS歌謡祭』出演決定 デビュー曲「Given-Taken」日本TV初披露

ENHYPEN『FNS歌謡祭』出演決定 デビュー曲「Given-Taken」日本TV初披露

『2020FNS歌謡祭 第1夜』に出演が決定したENHYPEN 写真提供:BELIFT LAB

7人組ボーイズグループ・ENHYPEN(エンハイプン)が、12月2日放送のフジテレビ系音楽特番『2020FNS歌謡祭 第1夜』(後6:30〜11:28)に初出演し、デビュー曲「Given-Taken」を披露することが決まった。日本のテレビでは初歌唱となる。

 今回披露するデビュー曲「Given-Taken」は、サバイバルオーディション番組『I-LAND』で数多くのミッションを行った後、グローバルファンに選ばれてデビューの夢を叶えた彼らにとって“与えられたかそれとも勝ち取ったか”という意味が込められた楽曲になっており、全貌が待たれている。

 11月30日にアルバム『BORDER : DAY ONE』でデビューするENHYPENは、BTS、TOMORROW X TOGETHERが所属する韓国の大手芸能事務所Big Hit Entertainmentと、IZ*ONE、JO1らを輩出した『PRODUCE』シリーズを企画したCJ ENMがタッグを組んだMnetのサバイバルオーディション番組『I-LAND』から誕生した期待の7人組ボーイズグループ。

 デビュー前からTikTokとTwitter、YouTube、Instagram、V LIVEの5大SNSでそれぞれミリオンフォロワーを達成し、グローバルファンをすごい勢いで増やし、K-POP史上本物のグローバルファンメイドグループと呼ばれている。

関連記事(外部サイト)