A.B.C-Z、塚田僚一主演作で映画初主題歌「心に届くはず」

A.B.C-Z、塚田僚一主演作で映画初主題歌「心に届くはず」

A.B.C-Zの塚田僚一初主演映画『ラスト・ホールド!』(来年5月12日公開)

 ジャニーズの5人組グループ・A.B.C-Zが、メジャーデビュー6年で初の映画主題歌を担当することが明らかになった。メンバーの塚田僚一初主演映画『ラスト・ホールド!』(来年5月12日公開、真壁幸紀監督)を、ダンスナンバーの新曲「Future Light」で盛り上げる。

 映画は2020年に開催される東京オリンピックの追加競技に決定した「スポーツクライミング」の1種目、「ボルダリング」が題材。超弱小ボルダリング部の落ちこぼれ大学生たちが日本一を目指す“青春胸アツ”映画に塚田が主演し、ジャニーズJr.の人気グループSnow Manの岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平が共演をすることでも注目を集めている。

 映画のために書き下ろされた新曲「Future Light」は、「壁を越えて仲間と共に進め」と歌う応援歌。塚田は「カッコいいEDMの曲。至るところに“僕ら”が散りばめられていて仲間の大切さを教えてくれる歌詞。映画と同じように、力強く希望にあふれている曲です」と解説する。

 「撮影の4〜5ヶ月後に曲が決まり、レコーディングをしました」と明かす塚田は「最後の最後にA.B.C-Zが『ラスト・ホールド!』に手を貸してくれた気がします。映画もですが、いろいろな人たちが携わってできた曲です。必ず皆さんの心に届くはず、楽しみに待っていてください!」と呼びかけている。

関連記事(外部サイト)