ふくろうず発表「解散しました」 10周年ライブ翌日の衝撃

ふくろうず発表「解散しました」 10周年ライブ翌日の衝撃

12月24日に解散したことを発表したふくろうず

 3人組ロックバンド・ふくろうずが25日、前日24日に東京・日経ホールで開催された結成10周年スペシャルライブ『ごめんね、ありがとライブ』をもって解散したことを発表した。意味深なタイトルのライブだったが、「最後のライブを楽しく終えたかった」というメンバーは解散を伝えなかったことから、ファンに衝撃を与えそうだ。

 公式サイトでは「ふくろうずは昨日、12月24日に解散しました」と報告。「突然の発表で悲しい思いをさせた人がいたら本当にごめんなさい。最後のライブを楽しく終えたかったので、このタイミングでの発表になりました。わたしたちのワガママを許してください」とライブで解散を伝えられなかったことをお詫びした。

 解散の理由については「長年やってきたバンドがなくなってしまうのはとても淋しいです。でも、これ以上続けられないと思いました」と説明。「ふくろうずは青春そのものでした。青春に少しでも付き合ってくださったみなさん。心からありがとうございました。わたしたちは幸せでした」と思いをつづった。

 ふくろうずは内田万里(Vo)、安西卓丸(B)、石井竜太(G)からなる3人組。2007年に結成し、11年6月にメジャーデビューした。独特な歌詞とエモーショナルなサウンドが支持され、コンスタントにアルバムをリリース。今年9月には結成10周年、通算7枚目のアルバム『びゅーてぃふる』を発表したばかりだった。

■ふくろうずメンバーコメント全文

みなさんへ

ふくろうずは昨日、12月24日に解散しました。

突然の発表で悲しい思いをさせた人がいたら本当にごめんなさい。
最後のライブを楽しく終えたかったので、このタイミングでの発表になりました。
わたしたちのワガママを許してください。

長年やってきたバンドがなくなってしまうのはとても淋しいです。
でも、これ以上続けられないと思いました。

ふくろうずは青春そのものでした。
青春に少しでも付き合ってくださったみなさん。
心からありがとうございました。
わたしたちは幸せでした。

ふくろうず

関連記事(外部サイト)