ピアニスト・まらしぃツアーで人気ボカロソング披露

ピアニスト・まらしぃツアーで人気ボカロソング披露

まらしぃ

カバーアルバム「Vocalo Piano 〜marasy vocaloid songs cover on piano〜」をリリースしたピアニスト、まらしぃが2017秋全国12箇所ライブツアー「marasy piano live tour 2017」を開催。22日に初日を迎えた今の思いを伺った。

新作アルバムは、『千本桜』をはじめボカロソングの人気楽曲から16作品を収録。それらを選んだ思いを明かす。

「元々ボーカロイドの楽曲が大好きで以前にもピアノアレンジカバーを出させていただきましたが、今回のアルバムは5年ぶりで、『初音ミク』さんが10周年ということもあり、特に気持ちをこめて演奏しました。なかでも『僕が大好きで、本当に弾きたい曲』を選ばせていただけることになり、ご縁のあった特別な楽曲、ずっと演奏したかった楽曲についてずっと考えていました。収録したい曲が多くて悩みましたが、それは贅沢な時間であり幸せでした」

すべての曲をグランドピアノ(スタインウェイフルコンサート)で生レコーディングしたとのこと。
「どの楽曲も素晴らしく皆さんから支持されている曲ばかりですが、ピアノで演奏するとメロディがやはりとても素敵だなと改めて感じました。スタインウェイのピアノで思いっきり演奏できて、とても気持ちよかったです」

そんな自身にとってのピアノとは?
「昔、習っていたのですが嫌になってしまってやめてしまったことがあります。でもこうしてまた演奏させてもらっていて、やっぱり好きなんだなと思います」

今回のツアーではこれらの楽曲も演奏する。改めて意気込みを伺った。
「前回のツアーはとても楽しく素敵な時間でした。今回もそれ以上のステージにできるよう、気合い十分です。今年リリースさせていただいた『PiaNoFace』やリリース予定の『Vocalo Piano』からも演奏したいなと思っていて、もちろん僕の大好きな曲をお届けするコーナーもありますよ。ゆるく楽しい感じのライブですので、あまり構えずに遊びに来てもらえると嬉しいです」

ライブならではの醍醐味を語る。
「皆さんの反応がダイレクトに伝わるのでとても面白いです。手拍子をしてもらったり、お話に合いの手を入れてもらったりすることも大歓迎です。セットだったりピアノだったり、僕がやりたいことを色々実現してもらえましたので楽しみにしていてください。足を運んで頂けることが本当に嬉しいですし、幸せです。僕にとっても皆さんにとっても幸せな時間になりますように頑張ります!」

演奏すること、楽曲、ピアノ、そしてなにより観客への愛にあふれた、まらしぃの全国12箇所ライブツアー「marasy piano live tour 2017」は9月23日の新潟公演を皮切りに、10月7日(土)には、静岡・静岡市民文化会館 中ホールでの公演も。11月5日(日) 東京・昭和女子大学 人見記念講堂まで。

取材・文/おーちようこ