the pillows 山中さわおが新作を語る!

the pillows・山中さわおが新譜を語る 野村周平主演『純平、考え直せ』主題歌も収録

記事まとめ

  • 19年9月16日に30周年を迎えるthe pillowsが22ndアルバム『REBROADCAST』を発売した
  • 本作には野村周平主演『純平、考え直せ』の主題歌『眩しい闇のメロディー』などが収録
  • 本作の最後を飾る曲『Before going to bed』では縁のあった人への感謝が綴られている

the pillows 山中さわおが新作を語る!

the pillows 山中さわおが新作を語る!

the pillows

2019年9月16日(月・祝)に結成30周年を迎えるthe pillows。「Thank you,my highlight!」と銘打ったアニバーサリーイヤー企画の第1弾として、今年9月に22ndアルバム『REBROADCAST』がリリースされたばかり。フロントマン 山中さわお(vo,g)に話を聞いた。

今回のアルバムにREBROADCAST=“再放送”というテーマを掲げた理由を訊くと「若者と比べて本能的に人生の残り時間が短くなってきてそれをリアルに考えたりする年齢になって、“自分の人生を再放送のようにもう1度いちから味わいたい”というテーマで括ったら開き直っていろいろ遊べるな、と思った」とのこと。確かに30年に渡る彼らのキャリアを俯瞰的に観ながらこの作品に接すると、実に興味深いエッセンスが随所に散りばめられている。

『REBROADCAST』には、昨年11月にリリースされたシングル『ぼくのともだち』、noodlesのyokoがコーラスで参加し、これまでのthe pillowsとはひと味違う新境地を提示した『ニンゲンドモ』や、野村周平主演の映画『純平、考え直せ』の主題歌『眩しい闇のメロディー』など、聴き応えのある全10曲が収録。アルバムの最後を飾る『Before going to bed』は英語詞ながら、これまで縁のあった人への感謝が切々と綴られている。「大きな花火を打ち上げるという意味では、バンドって30周年が最後なんだなと思ったんです。リアルに終わる前に遺言めいたことを書いておこうかなって。バンド人生の物語とそれに携わった人への感謝を大きな声で歌っておきたくて」

2018年11月から2019年3月まで本作を引っさげた全国ツアーも決定している。「the pillowsの集大成を魅せつけたい気持ちはあるかな。30周年で燃え尽きるくらいの気持ちでやらなきゃダメだと思ってるよ」と、気合いも充分のようだ。

7月にはアメリカ・ツアーを敢行して全会場ソールドアウトを記録するなど、ワールドワイドな人気と実力を魅せつけた彼ら。9月28日(金)昼12時から10月3日(水)昼12時まで、オフィシャルサイトで全国ツアー前半戦のチケット先行予約を実施。30周年に向けてますます盛り上がるthe pillowsの圧巻のパフォーマンスをぜひとも生で体感してほしい。

取材・文:浅野保志(ぴあ)

●ALBUM『REBROADCAST』
発売中
3,780円(税込) QECD-90008(BUMP-078)〔DVD初回限定盤〕
3,240円(税込) QECD-10008(BUMP-079)〔通常盤〕
DELICIOUS LABEL

関連記事(外部サイト)